症状・病気花粉症原因対策
花粉症hay-fever

日本人の25%が花粉症!?花粉症の原因と対策を知ろう

花粉症の原因と対策

花粉症は花粉によって引き起こされるアレルギー疾患です。

季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれ、くしゃみや鼻水・鼻づまり・目の痒みなどの症状がでるため、集中力や思考力の低下などさまざまな悪影響を及ぼします

また、花粉症をきっかけとして、蓄膿症(副鼻腔炎)・気管支喘息・アレルギー性結膜炎などを引き起こす原因にもなります。

今回は、花粉症の原因と対策についてご紹介します。

原因① 植物の花粉がアレルゲン(原因物質)となる

花粉症は、スギやヒノキなど植物の花粉が原因となります。

鼻や目から体内に侵入した花粉を、体外ヘ排出しようとする反応が過剰に働いていてアレルギー症状を発症します。

体内に侵入した花粉は、リンパ球が敵とみなし体外に排出しようと抗体(IgE抗体)を作ります。再び花粉が体内に侵入すると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞がアレルギー反応を引き起こす物質(ヒスタミンやロイコトリエン)を分泌。

その結果、花粉を体外に排出しようと神経や血管を刺激して、くしゃみや鼻水・鼻づまり・流涙などの症状を発症します。

花粉には、ヒノキやスギ以外にも様々な種類があり、日本ではおよそ60種類、大別すると木と草の花粉があります。

木の花粉は「スギ・ヒノキ・カバノキ科(シラカンバ、ハンノキ)」などがあり、冬~秋にかけて飛散。

草の花粉は「イネ科・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラ」などで夏~秋頃です。

また、カバノキ科の花粉症の方は、さくらんぼなど果物や野菜を食べると口の中が痒くなる「口腔内アレルギー症候群」と深い関係があります。

花粉症 対策

対策① 花粉を吸い込まないようセルフケアが大切

花粉症の対策としては、花粉をなるべく吸いこまないようにすることです。

外出時の対策は、なるべくコンタクトを外してマスク・メガネの着用・髪をまとめる。衣類は花粉が付きにくいツルツルした素材、さらに静電気防止スプレーを使用すると効果的です。

室内での対策は、しっかりと花粉を落とすため玄関先で衣類をよくはらい、手洗い・喉や鼻うがい・洗顔・鼻の中や外にワセリンを塗る。

目は人工涙液で洗い、痒みがある場合は冷やすと楽になります。

また、洗濯物や布団はなるべく外に乾さないのが無難ですが、乾す場合は花粉の飛散量が少ない時間帯(飛散時のピークは昼前~3時頃)にし、取り込むときには洗濯物をよくはらい、布団は掃除機で吸うのがベストです。

窓や玄関は必要以上に開けず、部屋の掃除はこまめにし、床は拭き掃除にして空気清浄器を使用すると効果的です。

その他、医療機関には花粉が飛散する1~2間前に通う初期療法をお勧めします。花粉症が始まる前から終了するまで続けることにより、花粉シーズンを少しでも楽に過ごすことができます。

処方される薬は、目のかゆみや鼻水や鼻づまりなど症状に合わせたもの、眠くなりにくいものなど、飲み薬や点鼻などがあります。

原因② 体質や生活習慣病の乱れ

花粉症の原因には、なりやすい体質や生活習慣の乱れも要因になります。

アトピーや食べ物のアレルギーを持つ人、遺伝(家族がアレルギー体質)は、持っていない人に比べ花粉症にかかる確率が高くなります。

食生活の乱れ、とくにお肉など高タンパク質の摂り過ぎはかえってアレルギー体質を高めるとされています。

また、ストレスや寝不足など生活習慣の乱れは、自律神経の働きを乱し免疫力を低下させるため、アレルギーを発症させやすくします。

花粉症 対策は…

対策② 食生活や生活習慣を整える

花粉症の対策は、対策①と同様になります。

また、食生活や生活習慣を整えることは、花粉症の予防だけでなく生活習慣病の予防、ストレスの軽減や解消にもつながります。

栄養バランスの良い食事、適度な運動、質の良い睡眠を心がけることが大切です。

花粉症の症状があまりにもひどい場合には、舌下免疫療法があります。

個人差はありますが、スギ花粉抽出物を少量ずつ体内に取り込み、体をスギ花粉に慣れさせてアレルギー反応をなくす治療法です。

原因③ 環境の変化

花粉症が増加してる原因には、いくつかの環境の変化も関係していると言われます。

1.戦後、盛んに植林されたスギが使用されず大量に残り、スギ花粉が増加。

2.車などの排気ガスが花粉症を発症させやすく、さらにアスファルトに落ちた花粉が舞い散ることも要因としています。スギの木が多い地方より、少ない都市部の方が花粉症の患者数が多くなります。

3.気密性の高い住宅は、通気性が低くダニやカビなどのハウスダストを増加させ、アレルギーを引き起こす要因になります。

花粉症になっている方、なっていない方も、花粉症の予防や症状の軽減のためには、セルフケアが大切になります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク