症状・病気あせも原因対策
あせもheat-rash

あせもの原因と対策を知ろう!

あせもの原因と対策

汗をかいた時にボツボツと出てくる「あせも」。夏になると出てくるという人も多いのではないでしょうか。

あせもには痒みがあることが多く、特に小さいお子さんは、あっという間にひどくなってしまいます。

今回はそんなあせもについて、あせもの原因と具体的な対策を見ていきましょう

原因はやっぱりコレ!多量に出る汗

あせもの主な原因は大量の汗です。

汗をかくことが長時間続いた場合、適切な対処をしなければ、あせもになることがあります。

例えば、夏場、外ではじっとしていても汗が流れ出てきます。そうした環境の中で、営業で外回りをする人や定期的にトレーニングをしている人などは皮膚が大量の汗にさらされることになります。

大量の汗によって汗の通り道である汗管が詰まってしまい、行き場のなくなった汗が周りの組織に流れ出て、皮膚に水ぶくれや炎症を起こしてしまうのです。

太り気味の人、多汗症の人、更年期障害、甲状腺機能亢進症など普段から汗が多く出る人も同様の状況にあると言えます。

あせも 対策

汗はこまめに拭きとろう

あせもの対策としては、大量にかいた汗をこまめにふき取りましょう。

理想としては、汗をかいたらタオルやハンカチでふき取り、できればシャワーを浴びたいところです。

とはいっても、外出中でシャワーを浴びられないことがほとんどでしょう。

そのような方は、なるべく通気性の良い服を着用して、出てくる汗はまめにタオルで拭きとり、できれば服を着替えるようにしましょう。

乾いたタオルでゴシゴシ拭くよりも、濡れたタオルで押さえ拭きをする方が効果的です。

高温多湿の室内環境が原因の一つ

あせもの二つ目の原因は、高温多湿の室内環境です。室内にいても高温多湿の状況では、汗が流れ出てくる環境だといえます。

室内で特に注意をしてあげたいのは子供たちです。子供も大人も汗腺の数は変わりませんから、子供は大人に比べて汗腺密度が高く、汗をかきやすいといえます

同じ面積にある汗腺の数は1歳児で大人の約8倍、新生児では12倍と言われています。

あせも 対策は…

エアコンや除湿器をうまく活用しよう

対策としては原因となる高温多湿の環境を和らげることです。

夏場は除湿器やエアコンをうまく使って、室内を汗の出にくい環境にコントロールしましょう。

特に小さい子供や赤ちゃんがいる場合には、子供が汗をかいていないか適宜注意をしてあげてください。

オムツの中は蒸れやすいので、夏場は特にマメに交換してあげましょう。

また、エアコンの使い方で注意が必要なのは、冬場です。

温かくし過ぎて、赤ちゃんや小さい子供が服の下に汗をかいているということが意外に多くあります。

子供は大人より体温が高く、活動量が多いことも念頭に入れておきましょう

デリケートな皮膚 子供は特に注意を

あせもの3つ目の原因として、デリケートな皮膚が挙げられます。

敏感肌、アトピー性皮膚炎乾燥肌など皮膚のバリア機能が低下してしまうとあせもになりやすくなります。

特に小さい子供は大人に比べて未熟ですから、バリア機能が上手に働かずに、簡単に炎症反応や水ぶくれが出てしまいがちです。

あせもの対策は?

皮膚は清潔にして夏でも保湿対策を忘れずに

あせも対策としては、皮膚を清潔に保つことが大切です。だからと言って、ゴシゴシこすって洗うのではなく、優しく泡で洗ってあげましょう。

そして、入浴後は保湿クリームを塗り、肌が乾燥してバリア機能が低下することを防ぎましょう。

あせも対策として、シャワーを浴びることは良いですが、1日に何回も洗浄するのは必要な皮脂まで流してしまい良くありません。

洗浄は1回、汗を流す時はシャワーだけにしましょう。シャワーの後にはしっかり保湿を忘れないでいましょう。

炎症が出てしまったときには、早めに皮膚科を受診して対応すると、ひどくならずに済みます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク