症状・病気原因対策
hemorrhoid

痔の原因と対策について

痔の原因と対策

「痔」とは肛門の病気の総称です。

大きく分けると、いぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろう(あな痔)の3つのタイプがあります。日本人の3人に1人は痔にかかっていると言われています。

中には恥ずかしくて病院に行きづらく、我慢し続けた結果、症状が悪化してしまい外科手術に至るケースもあります。

一度できると治りにくい、悩みの種となる痔の原因と対策を紹介します。

原因① 肛門の毛細血管がうっ血してできる「いぼ痔」

肛門のクッション部分に負担がかかることが原因でできる「いぼ痔」

肛門に「イボ」のような腫れができてしまう痔で、3タイプの中でもっとも多く見られる症状です。

便秘で排便時にいきんだり、下痢、長時間座りっぱなしで同じ姿勢を摂り続ける事が原因で、肛門のクッション部分である毛細血管の集まる静脈叢の血流が悪くなり、うっ血して「イボ」ができてしまうのです。

イボが、肛門の内側にできるのが「内痔核」外側にできるのが「外痔核」です。

内痔核の場合は、痛みは少ないものの排便時に便器が真っ赤になるほど出血することもあります。

一方、外痔核の場合は、肛門の外側に皮膚に知覚神経があるので痛みを伴い、さらに大きく腫れると非常に痛みます。

痔 対策

対策① 便秘の解消と血行をよくすることが大事

食生活や生活習慣を見直し便秘の改善・予防をしましょう。

お酒の飲みすぎや唐辛子のような辛く刺激のある食事はなるべく控えることが大切です。

また、座り続けるなど、同じ姿勢を摂り続けることは避けたいですが、状況によっては難しいこともありますね。

座りっぱなしの仕事の方は、意識して用事をつくり適度に歩いたりする工夫が必要です。また、合間をみてストレッチや適度な運動を取り入れましょう

痔は冷えも大敵です。身体だけでなく冷たい場所に座るなど、お尻も冷やさないことが大切です。

夏場でも入浴の際はゆっくりと湯船につかり、血行促進を意識しましょう。

市販の痔の薬を使うのもいいですが、どうしてもツライ場合は手術に踏み切る決断も必要です。入院の必要がない日帰り手術も可能です。

原因② 排便時にのいきみが原因の「切れ痔」

「切れ痔」は肛門付近の皮膚が損傷してしまう痔のことです。

切れ痔の最大の原因は排便時のいきみ。

便秘などで排便時に強くいきんだり、下痢で勢いよく出てしまった時に、肛門の出口付近の皮膚が切れてしまうため、強く痛んだり出血します。

また、切れ痔は、排便時に痛みを伴うため、便意を我慢するとますます便が固くなり、便秘と切れ痔の悪循環の原因にもなります。

トイレットペーパーについた血をみてぎょっとした経験がある方も多いのではないでしょうか?

痔 対策は…

対策② 便秘の改善・予防、便意を我慢しない

まずはセルフケア、便秘を予防しましょう。

食物繊維や水分、乳酸菌食品を多くとり、身体を冷やず決まった時間に排便することを心がけましょう。

ウォシュレットは短時間で水圧は低めにします。水の勢いが強いと切れ痔を悪化させる原因にもなります。

また、症状が軽い場合は市販の痔の薬を使うのも効果的です。

切れ痔の症状がひどい場合は、日帰りで手術もできるケースもあります。

悪化させないためにも、恥ずかしがらず思い切って受診することが大切です

原因③ 肛門腺が細菌感染して化膿するのが原因「痔ろう(あな痔)」

肛門内が細菌に感染するのが原因で発症する「痔ろう(あな痔)」

肛門にある小さなくぼみに便が入り込み、大腸菌などの細菌に感染して炎症や化膿する「肛門周囲膿瘍」が、さらに悪化すると「痔ろう」になります。

通常、このくぼみに便は入りませんが、下痢をすると入りやすくなります。

膿がたまった状態が続き悪化すると、膿が外に出るために破った皮膚と、細菌が入り込んだ入り口が一本に繋がってトンネルができます。これが「痔ろう」です

体調が悪い時には感染して化膿しやすくなります。また、ウォシュレットも原因のひとつで、肛門に水が入り下痢と似た状態で痔ろうになる人も増えています。

痛みや高熱を伴い、放置すると膿のトンネルが枝分かれしてしまうことも。

痔の対策は?

対策③ セルフケアではなく手術治療が必要

お尻を清潔に保ったり、免疫力の低下を防ぐために生活習慣を見直すことも大事ですが、痔ろうは他の痔と違い根本的にセルフケアでは治りません。

肛門科での手術治療が必要になります。

メスでお尻を切開し膿を綺麗に出していく方法や、膿のトンネルにゴムヒモを通して数か月かけて治療するシートン法と呼ばれる方法があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク