症状・病気知覚過敏原因対策
知覚過敏hyperesthesia

冷たいものがズキッ!知覚過敏の原因と対策を学ぼう

知覚過敏の原因と対策

冷たいアイスを食べて「ズッキーン」と、歯がしみた経験はありませんか?

もしかしたら、それは知覚過敏かもしれません。

歯の表面は固いエナメル質で覆われていますが、何かの原因で傷つき、その下にある象牙質が露出して、冷たいものなどの刺激で歯がしみる症状がでます。

日本人の3人に1人が経験するほどの知覚過敏は、放置しておくと歯の神経をとらなくてはならないこともあります。

今回は、知覚過敏の原因と対策を紹介します。

原因① 間違った歯磨き方法

歯のエナメル質が傷ついてしまう最大の原因が、間違った歯の磨き方です。

硬いブラシや、力を入れ過ぎて毎日ゴシゴシ磨き続けたりすると、硬いエナメル質でさえ傷がついてしまうのです。その他に歯ぐきを傷つける原因にもなります

また、歯磨き粉のほとんどには研磨剤が配合されています。

普通に使う分には問題ありませんが、毎日大量に使い続けるとエナメル質を傷つけてしまう原因になります。

知覚過敏 対策

対策① 歯磨きは、力を入れ過ぎない!

知覚過敏の対策の一つとして、力を入れ過ぎないように磨くことが大切です

普通の硬さの歯ブラシを使い、歯ブラシの圧を弱くするために毛先が多少しなる程度の力で磨きましょう。

歯磨き粉は、知覚過敏用や、ジェルタイプのものを使うのもいいでしょう。

また、歯の表面を強くしてくれるフッ素を併せて使うのもおすすめです。

歯磨きは毎日のことなので、原因と対策をよく知って知覚過敏を予防しましょう。

原因② かみ合わせが悪い

最近注目されている知覚過敏の原因が、歯ぎしりやかみ合わせの悪さです。

歯ぎしりをすると直接歯のエナメル質同士が強くぶつかります。ちなみに成人の噛む力は60kgにもなると言われています。

エナメル質が傷つくだけでなく歯の根元まで削れてしまい、歯周病に発展することもあります。

知覚過敏 対策は…

対策② マウスピースで歯を守る

歯ぎしりやかみ合わせが原因の知覚過敏は、マウスピースを使用するのが対策となります。

歯ぎしりは寝ている間にしてしまうので、就寝時にはマウスピースを装着しましょう。

歯ぎしりの原因はストレスにあると言われていますが正確なことは分かってはいませんし、一朝一夕に解決するものではありません。

また、仕事中や何かに熱中しているときは、食いしばることが多いので、歯を守ることも兼ね、日中もできれば装着しましょう。

マウスピースは、検診を兼ね歯医者で作ってもうのがすすめです。

原因③ 歯周病により歯茎が後退する

知覚過敏の原因に、歯周病も挙げられます。

歯周病で歯ぐきが後退してしまうと、象牙質が露出してしまいます。

歯ぐきで隠れている歯の根ものとは象牙質で、エナメル質で覆われていません。

象牙質の表面には神経に通じる無数の穴が空いているので、知覚過敏を引き起こす原因になります。

知覚過敏の対策は?

対策③ 早急に歯科医で治療を!

歯ぐきの後退度にもよりますが、歯周病がかなり進行している可能性があるので、早急に受診することが対策となります。

歯周病が悪化した場合、最悪、歯を失う可能性もあるので要注意です。

歯周病だけでなく、歯の根元の象牙質は柔らかいためプラークが生む酸によって溶かされると、根元からの虫歯になる可能性もあります。

知覚過敏、磨き過ぎで歯の根元が削れる、 歯周病で歯の根元が見えてくるなどは、痛みがひどい場合は神経をとる治療になることがあります。

知覚過敏は、症状が軽い場合は塗り薬や詰め物で抑えることができます。

予防のためには、毎日の正しい歯磨き、歯科での正しい磨き方の指導など、原因と対策を踏まえ歯科医での定期的な検診が効果的です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク