症状・病気とびひ原因対策
とびひimpetigo

とびひの原因と対策 - 乳幼児に発症しやすいとびひの原因とは?

とびひの原因と対策

とびひは、正式名「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれ、細菌による皮膚の感染症です。

「とびひ」とも呼ばれる理由は、火事の飛び火のようにカラダ全体に拡がってしまうことから呼ばれています。

とびひには2種類あり、水ぶくれタイプの「水泡性膿痂疹」、かさぶたタイプの「痂皮性膿痂疹」があります。

とくに、水泡性は夏季に発症し、0~6歳の乳幼児に多く、成人ではあまり発症しないと言われます。

今回は伝染性膿痂疹「とびひ」の原因と対策を紹介します。

原因① 水泡性膿痂疹:虫刺されの後には注意!

とびひの原因の一つに、虫刺されやあせもが痒くて掻きむしった傷口から感染することが挙げられます。

「水泡性膿痂疹」は、黄色ブドウ球菌が原因となるもので、細菌の繁殖しやすい夏場に、免疫力の弱い子供の間で流行することが多いと言われています。

おもに、虫刺されやあせも、擦り傷の後、掻きむしったことがきっかけで、傷口から黄色ブドウ球菌が入り込むというパターンが多いでしょう。

黄色ブドウ球菌は、もともとヒトの皮膚・喉・鼻などのカラダに存在する菌です。通常、健康な時はなにもありませんが、免疫力が下がると発症します。

そのため、抵抗力が弱っている時に、鼻をかいたりほじったりと、鼻をいじる癖があると、鼻からもとびひにかかります。

とびひ 対策

対策① 皮膚を清潔に保つ

とびひの対策は皮膚を清潔に保つことが一番ですから、シャワーを浴びて、患部も泡で優しく洗ってあげましょう。

きれいにした後に、抗生剤入りの軟膏を塗布し患部をガーゼで覆います。患部が広範囲であれば、抗生剤の内服による治療を行う場合もあります。

家族への感染を防ぐためには、とびひを発症した方は、湯船には浸からずにシャワーですませるようにします。

また、プールや水遊びは他の子供たちへ感染させてしまう可能性があるので、治るまでは禁止です。タオルの共有も避けましょう。

学校や園への登校は、かならずしも休む必要はありませんが、患部をガーゼで覆い、症状がひどい場合は医師に相談しましょう。

乳幼児は、痒みがある場合ガマンすることができません。虫刺されや湿疹がある場合は、なるべく掻かないように注意して見ていてあげましょう。

原因② 痂皮性膿痂疹:アトピー性皮膚炎のある人は注意!

「痂皮性膿痂疹」は、大人でも発症することがあり、特にアトピー性皮膚炎がある人に感染しやすい傾向があります。

痂皮性膿痂疹は、レンサ球菌が原因で発症しますが、黄色ブドウ球菌にも同時に感染していることもあります。

アトピー性皮膚炎の方は、肌のバリア機能が低いため広がりやすいとされます。

痂皮性膿痂疹は、季節や年齢に関係なく発症し、乳幼児だけでなく大人でも発症し、痛みを伴う痒みがあります。

赤くはれた部分がびらんし、さらに厚いかさぶたを形成します。

時に細菌が出す毒素によって、発熱・喉の痛み・リンパ節の腫れなどの症状を呈することがあり注意が必要です。

とびひ 対策は…

対策② 免疫が低下しないように管理する

免疫力が低下しないよう、日常的に気をつけることが対策です。

アトピー性皮膚炎がある人は、もともと皮膚のバリア機能が低く皮膚にかゆみがあるため、掻き傷などを作りやすくとびひを合併しやすい状態です。

爪は短く切って傷を作りにくくする対策や、保湿をしっかりと行いアトピー性皮膚炎が悪化しないような対策が必要でしょう。

子供に多いと言われる「とびひ」ですが、免疫の低下は大人も感染しやすくします。

忙しいと感じたら無理をせずに、ゆっくり休養するなどして免疫力を落とさないように気をつけましょう。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク