症状・病気つわり原因対策
つわりmorning-sickness

つわりの原因と対策について

つわりの原因と対策

つわりとは、妊娠初期に訪れるカラダの不調をさします。妊婦さんの7~8割が経験し、症状は人によってさまざまです。

「なんでつわりなんてあるの?」と恨みたくもなりますが、つわりの原因は特定されているのでしょうか?

今回、そんなつわりの原因と対策を探ってみました。

原因① 本当のところはまだ分かっていないつわりの原因

妊娠に関係するホルモンが増えたことで、ホルモンバランスがくずれ脳の嘔吐中枢を刺激する説。

また、一種のアレルギー反応、ストレスがつわりを引き起すなど、つわりの原因については諸説あり、現在のところ医学的には解明されていません。

症状は吐き気、頭痛のほか、ニオイに敏感になる、食べつわり、眠りつわり、倦怠感など人によってさまざまです。

水分もとれないほど症状の重い場合は、妊娠悪阻と診断され、入院して治療を受けることも。

つわり 対策

対策① 無理せず食べられる時に食べられるものを!

食べられるときに、食べたいものを少量ずつ食べるのが、つわり対策の基本

空腹時に気分が悪くなることが多いので、小さいおにぎりやサンドイッチを作っておくといいでしょう。

ソーダ系のアメやラムネ、炭酸水は口の中がすっきりするのでおすすめです

生姜は吐き気を抑えてくれると言われていますが、食べ過ぎには要注意です

ペパーミントやレモンの香りは消化器系の不調を和らげてくれます。

アロマオイルをティッシュに数滴たらして香りを楽しむのは気分転換にもなるので、ストレス対策にもいいかもしれませんね。

ストレスはつわりを悪化させることもありますので。

家事や仕事を一人で抱え込まず、周りに協力してもらうことも必要です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク