症状・病気乗り物酔い原因対策
乗り物酔いmotion-sickness

乗り物酔いは治せる!?乗り物酔いの原因と対策について知ろう

乗り物酔いの原因と対策

車やバスに乗ると気持ち悪くなってしまう、乗り物酔い。

乗り物に乗るたびに「なんだかちょっと気持ち悪い……」。こんな具合ではせっかくのドライブや旅行が楽しめませんね。

車やバス、船などの乗り物酔いには、実ははっきりとした原因があり、その対策方法もあります。

乗り物酔いで悩んでいる方は、原因と対策を理解して、イヤ~な乗り物酔いとはサヨナラしましょう。

原因① 三半規管が刺激される!

乗り物酔いの原因は、過度の揺れやスピードの変化によって、三半規管が刺激されるために引き起こされます。

耳の中にある三半規管は、カラダの平衡感覚(バランス感覚)をつかさどる器官で、三半規管内のリンパ液がカラダの傾きを察知してバランスを保っています。

乗り物に乗っているときは、三半規管が感じる刺激、カラダが感じる刺激、視覚(見ているもの)の刺激があります。この3つの刺激のズレが酔う原因です。

三半規管のリンパ液が絶えず揺れているのに、カラダは軽い揺れを感じる、見ている景色は緩やかだったりと、それぞれ受ける刺激がバラバラだと酔います。

乗り物の、縦揺れ・横揺れ、加速や減速、急発進・急ブレーキによって連続する揺れ、どんどん変わる景色に脳が混乱して、三半規管がうまく機能しなくなり、乗り物酔いを引き起こします。

乗り物酔い 対策

対策① 三半規管は鍛えることができる!

対策としては、三半規管を鍛えることが、乗り物酔いを防ぐ効果的な方法になります。

一番の効果的な方法は、小さいころから乗り物に乗り慣れることです。

小さいうちは三半規管が未熟なため乗り物酔いを起こすします。大人になっても酔う方は、酔うためあまり乗り物に乗らなかったことも要因です。

まずは、回転する椅子を使って、くるくる回るなど回転の刺激になれるようにしてみましょう。

立ったまま回ったり、でんぐり返し、また後ろ向き歩きや目をつぶって歩くなども効果があります。ただし無理なく少しずつ行うようにしてください。

揺れにくい場所を選ぶこともポイントで、自家用車なら助手席、バスは前の方や運転席の近く、船なら揺れの少ない中央がおすすめです。

また、新幹線や船などに乗る際は、進行方向に向かって座りましょう。

乗り物酔いの原因と対策がはっきりわかっただけで、気分が軽くなった方も多いと思います。

原因② 睡眠不足などコンディションが悪い

乗り物酔いの原因に、睡眠不足や疲労も挙げられます。

睡眠不足や疲労、ストレスがたまっていると、体調を崩しやすく、また、これらは自律神経も乱れやすくして、乗り物酔いを起こしやすくします。

また以前に乗り物酔いをした経験から「また酔ったらどうしよう」という不安や思い込み(トラウマ)が、乗り物酔いをまねきます。

乗り物酔い 対策は…

対策② 前の日からコンディションを整える 

乗り物酔いの対策としては、前日に夜更かしをしないことが効果的です。

乗り物ででかける前の晩は、夜更かしはせずに十分な睡眠をとりましょう。

前日、乗る直前も含め、飲み過ぎや食べ過ぎ、また、柑橘系やすっぱい食べ物はさらに気分の悪化を招きます。

また、酔うと思うと余計に乗り物酔いを引き起こすため、酔い止め薬を利用したりと、なるべく安心した気持ちで乗ることも大切です。

その他、換気ができる場合は、空気を入れ替えてスッキリさせましょう。

原因と対策を考慮し、周りの人とおしゃべりしたり、音楽を聴く、仮眠をとるなどしてリラックスして過ごしましょう。

原因③ 乗り物酔いの原因はその他にも

乗り物酔いの原因は、原因①②以外にもいくつかあります。

1.乗り物内で、読書、スマホ、ゲーム、地図を見る。

2.下着やネクタイ、ベルト、体型に合わない洋服でカラダを締めつける。

3.乗り物自体の匂い、キツイ芳香剤や香水、たばこの匂い、食べ物の匂い。

4.満腹感、空腹感、乗り物内で飲食をする。

などが挙げられます。いずれも控えることで乗り物酔いを防ぐことができます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク