症状・病気生理痛原因対策
生理痛period-pains

女性必見!生理痛の原因と対策を知ろう

生理痛の原因と対策

生理痛とは、月経の前半から後半にかけて現れる、下腹部に鈍痛やきりきりとした痛みを感じたり、腰全体がだるく感じたりといった症状全体のことを指します

生理痛の程度は人によって千差万別ですが、大人の女性ならば誰もが避けられない症状ですね。

今回は、そんな生理痛の原因と対策についてご紹介したいと思います。

原因① プロスタグランジンの増加

生理痛の主な原因としては、プロスタグランジンの増加が挙げられます。

月経がはじまる直前頃から、女性のからだの中ではプロスタグランジンという物質が急速に増えはじめます。

この物質は子宮の収縮を促すもので、月経時に排出される経血を、子宮を収縮させることで体外に出す働きがあります。

このプロスタグランジンには、血管を収縮させる作用もあるので、血行が滞ることによる腰痛カラダのだるさ冷えなどが症状として表れてきます。

の動きなど他の臓器にも影響を与えることがあり、吐き気や下痢の原因にもなっています。

ダイエットや食生活の乱れ、ストレスなども原因となります。

生理痛 対策

対策① 規則正しい生活習慣を心がけよう

対策としては規則正しい生活習慣を心がけることです。

月経と女性ホルモンの分泌には深い関係があります。普段から規則正しい生活を心がけ、女性ホルモンが正しく分泌されるよう体調を整えましょう。

また、血行をよくするために定期的な運動も不可欠です。

冷えると血行が悪くなり、生理痛やその他の病気の原因にもなるので、常日頃からカラダを冷やさない生活を心がけましょう。

また、脂肪の過剰摂取は肝臓の機能低下にもつながります。

肝臓は女性ホルモンの代謝に関わる重要な臓器なので、あまり他の負担をかけないような食生活が理想です。

原因② 血行不良によるうっ血

月経の後期では、骨盤を中心とした血行の流れが悪くなっているのが原因で、下腹部の鈍痛や腰回りのだるさ、重苦しい感覚などが引き起こされます。

血行が悪くなることでプロスタグランジンも骨盤の周辺に多くとどまることになり、痛みやだるさなどの症状がより強く表れるようになります。

生理痛 対策は…

対策② カラダを温めて血行をよくしよう

ごく軽い生理痛なら、このうっ血している腰回りの血行をよくすれば随分と改善できます。

対策としては、半身浴でカラダを温めたり、血行を良くする生姜などの食べ物を積極的に摂るよう心がけましょう。

痛みを感じる前の対策としても有効なストレッチは、実際に生理痛がはじまった後にもよく効きます。

腰や股関節など、骨盤周辺のストレッチを行うと血行がよくなります。

骨盤周辺のストレッチはプロスタグランジンの流れが滞ることもなくなり、痛みやだるさの軽減につながるでしょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク