症状・病気肉離れ原因対策
肉離れpulled-muscle

肉離れの原因と対策の方法を知ろう

肉離れの原因と対策

野球やサッカーなどのスポーツ中継などでよく聞く肉離れ。

肉離れはスポーツの最中によく起こるケガの1つで、急に力を入れることで筋繊維が裂けたり傷ついてしまったりすることを指します。

「ブチッ」という感触があったり筋肉に衝撃を感じた後、激しい痛みを伴うので、そのまま運動を続けることはまずできません。

一度なるとクセになる恐れのある肉離れの原因と対策を説明します。

原因① 筋肉に急な負荷をかける

肉離れの原因は、筋肉に急な負担がかかってしまうことです。

筋肉はそうそう簡単には切れるものではありません。

けれども、柔軟性が不足した筋肉に、急に大きな負荷をかけてしまうと切れてしまいます。

例えばハードなトレーニングが続いたりして、疲労が蓄積された状態でさらに筋肉に負荷を与えると起きてしまうこともあります。

また運動を始める前に適切なウォーミングアップを行わないと、筋肉がほぐれる前に負荷がかかってしまうので肉離れの原因になりえます。

特に、気温が低い時、カラダが冷えたままで運動を始めてしまうと、筋肉がうまく伸び縮みしないので肉離れを起こしやすくします。

肉離れ 対策

対策① 運動をする前にウォーミングアップ

肉離れの対策としては、運動を始める前に適切なウォーミングアップをすることが大切です。

また、普段からできる事としては、筋肉をほぐす意味でやはり運動をしておくこと。

車での移動が多い人は意図的にウォーキングをしたり、何日かに1度はジョギングをするのがいいでしょう。

運動をする前後には、念入りなウォーミングアップとストレッチ、クールダウンを忘れずに行うことが大事になります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク