症状・病気歯槽膿漏原因対策
歯槽膿漏pyorrhea

歯を失う前に! - 歯槽膿漏の原因と対策を知ろう

歯槽膿漏の原因と対策

歯槽膿漏とは、歯茎の炎症が進み、歯を支えている骨が溶けてしまう疾患です。

歯ぐきに炎症が起こる状態をまとめて「歯周病」と呼びますが、歯槽膿漏は歯周病の中でも重症度の高い状態を言います。

歯周病の初期の状態を「歯肉炎」、進行した状態を「歯周炎または歯槽膿漏」と呼びます。

歯槽膿漏になると歯を支えている骨が溶け始め、徐々に歯がグラグラになり最終的に歯が抜けてしまう可能性もあります。

今回は歯槽膿漏の原因と対策について紹介します。

原因① 歯槽膿漏の原因は歯垢

歯垢とはプラークとも呼ばれていて、いわゆる細菌のかたまりです。

このプラークが歯槽膿漏の原因になります。

通常は歯と歯茎の間には歯根膜という膜があり、歯ぐきの内側に細菌などが簡単に入り込めないようにできているのです。

しかし、歯と歯茎の間に歯垢がたまると、細菌は食べ物のカスを餌にして毒素を出し始めます。

その毒素が原因で歯ぐきに炎症を起こし、歯槽膿漏へと発展していきます。

歯槽膿漏 対策

対策① 歯磨きの徹底とフロス・歯間ブラシの活用

食べ物を食べる以上、口の中の細菌をゼロにすることは不可能です。

できるだけ細菌の数を減らす対策が必要になります。それには食べた後の歯磨きが一番の対策です。

歯と歯茎の間は特に磨き残しが多いと言われている部分ですから気を付けなければいけません。

歯をまとめて磨くのではなく、1本1本の汚れを落としていく要領で歯ぐきとの境目も丁寧に磨きましょう。

歯と歯の間も磨き残しが多い部分ですが、そこにはフロスが効果的なので、日1回寝る前には歯磨き後にフロスも加えます。

また、加齢により少しずつ歯と歯の間に隙間ができてくるので、歯の根元は歯間ブラシの併用もお勧めします。

時に染め出し液を使って、きちんと歯磨きができているか確認するのも良いでしょう。

原因② 歯槽膿漏の前の段階、歯肉炎は気が付きにくい

歯槽膿漏は突然起こるのではなく、歯肉炎が進行することが原因で起こります。

しかし、歯肉炎の症状はほとんどありませんから、自分で気が付くのは難しいでしょう。

一方、歯垢がきちんと落とし切れないと、2~3日で石灰化を始め歯石へと変化していきます。

歯の表面のできた歯石は、表面が凸凹しているため、さらに細菌が付着しやすくなり、歯肉炎のリスクを高めてしまいます。

歯石は硬く、歯磨きでは落とせないので注意が必要です。

歯槽膿漏 対策は…

対策② 定期的に歯科検診を受けチェックしてもらおう

日本人の約8割が歯周病を抱えていると言います。

加齢に伴い歯ぐきや歯も抵抗力が弱くなってしまいます。

歯槽膿漏の特徴ともいえる歯周ポケットが深くなる前、に歯周病に気が付き対策を立てることが大切です。

そのためには、定期的に歯科医を訪れて口腔内のチェックをしてもらい、歯石もクリーニングで落としてもらいましょう。

歯垢や歯石を放置していると歯周ポケットを作ってしまい、さらに歯周ポケットに歯垢がたまるという悪循環になります。

半年に一度は歯と歯茎の状態を専門家に評価してもらい、歯磨きでは落とせない汚れもきれいにしてもらうことが大切です。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク