症状・病気肌荒れ原因対策
肌荒れrough-skin

肌荒れを悪化させないために - 肌荒れの原因と対策方法を知ろう

肌荒れの原因と対策

肌は「カラダの健康を映す鏡」や「ライフスタイルの乱れを映す鏡」などと言われています。

肌荒れは、いくつもの原因が重なったために起こる肌のトラブルです。

化粧品を使って美肌を保つ前に、まずは、体の内側から肌荒れを解消し、美しい肌を取り戻しましょう。

原因① 肌の新陳代謝の低下が肌荒れの原因

肌荒れの主な原因は、肌の新陳代謝の低下です。

原因となる新陳代謝が低下する要因は、栄養バランスの悪い食事、ストレス睡眠、運動不足など生活習慣の乱れが挙げられます。

肌は4~6週間ごとに新しく生まれ替わり、古いものはアカとなって剥がれ落ちる、ターンオーバーを繰り返しています。

新陳代謝が低下すると、ターンオーバーがうまくいかず、肌荒れを起こします。

脂質は肌の潤いを保つのに必要な栄養素ですが、脂質の摂り過ぎは、皮脂を過剰に分泌させ毛穴を詰まらせます。

また、生活習慣の乱れは、便秘や血行不良も引き起こし、肌荒れの原因になります。

肌荒れ 対策

対策① 新陳代謝を高め、正常な肌のターンオーバーを取り戻す

対策としては、規則正しい生活を心がけ、新陳代謝を高めることです。

新陳代謝が最も活発なのは夜なので、睡眠をしっかりとるのが大切です。

ジョギングなど適度な運動入浴は血行を良くするほか、ストレスも発散してくれます。

食事面では油っぽい食事を避け、良質なタンパク質やビタミン、食物繊維などバランスの良い食事を心がけましょう。

肌を作るタンパク質や、ハリや潤いを与えるビタミンCは、コラーゲンの生成を促進させますので、肌荒れ対策としてはおすすめです。

肌の新陳代謝を促し、水分や皮脂を整えるには、ビタミンAやビタミンB2、ビタミンB6などが必要で、うなぎレバーなどがおすすめです。

また、アーモンドかぼちゃに含まれるビタミンEや食物繊維は、血行を促進したり、便秘を解消してくれます。

原因② 紫外線を長時間、過度に浴びる

肌荒れの2つ目の原因は、紫外線を過度に浴びることです。

紫外線は、日光浴など程よく浴びる分には、ホルモンを作るなど良い効果があります。

ですが、過度に紫外線を浴びると、肌の張りを保つコラーゲンを壊し、メラニン色素の生成を活発にしてしまい、肌荒れを引き起こす要因になります。

また、肌荒れの原因①で説明した、新陳代謝の低下は、古い角質が残るため、シミなどのメラニン色素の沈着の原因になります。

肌荒れ 対策は…

対策② 紫外線に負けない肌を作り、紫外線対策もしっかりする

対策としては、メラニン色素を沈着させず、紫外線対策をすることです。

まずは肌荒れの対策①で説明した、新陳代謝を高めるに加え、紫外線に負けない肌を作ります。

メラニン色素の生成を抑制するにはビタミンCが有効で、葉酸やビタミンEを一緒に取ると、肌荒れ対策としてより効果が期待できます。

また、緑茶に含まれるカテキントマトリコピンなどのポリフェノールも、紫外線から肌を守ってくれるため肌荒れには効果的です。

その他、外出時には、日傘や日焼け止めなどの使用も効果があります。

原因③ 生理前(PMS月経前症候群)ホルモンによる影響

肌荒れの3つめの原因としてはPMSが挙げられます。

PMS(月経前症候群)は、黄体ホルモンが増加し、皮脂の分泌が盛んになります。

また肌自体も、いつもより弱く敏感で、肌荒れやかゆみなどを引き起こします。

生理前は、油っぽい食事や、甘いもの、刺激物などを食べたくなるため、過剰に皮脂を分泌させ、荒れた肌をさらに刺激する原因を作ります。

肌荒れの対策は?

対策③ 規則正しい生活で、PMSの症状を和らげる

肌荒れの原因となるPMS(月経前症候群)を和らげるには、肌荒れの対策①で説明した、バランスのとれた食事や生活、睡眠などが大切です。

特に生理前は、甘い食べ物や脂質の多いお菓子やチョコレートは控え、ヨーグルトバナナなどに替えるのがおすすめです。

またコーヒーお酒も控え、ハーブティーに替えると肌荒れには効果的です。

関連コンテンツ

肌荒れ 関連記事

このページを
シェア/ブックマーク