症状・病気夏バテ原因対策
夏バテsummer-heat

夏バテの原因と対策をチェック!

夏バテの原因と対策

なんだかカラダがだるいし、やる気が起きない。昨日の夜も熟睡できなかったし…

そんなあなた!ひょっとして夏バテではないでしょうか?夏バテは熱中症予備軍のサインとも言われます。

今回はそんな夏バテについて、夏バテの主な原因と対処法を解説していきます。

夏は体調管理に差が出やすい季節。効果的な知識と対策で、厳しい夏を乗り越えましょう!

夏バテの原因① 自律神経の乱れ(外気と屋内の温度差)

現代の夏バテの主な原因は、自律神経の乱れです。

昔の夏バテは高温多湿による疲労が主な原因でしたが、エアコンが普及した現代では外気温と屋内温の温度差が主な原因となります。

うだるような暑さの外を歩き回った後に、キンキンに冷え切った屋内に入る。こうした環境のもとでは、人間はその温度差にうまく対応することができません。

その結果、自律神経が機能低下に陥ります。

自律神経には交感神経副交感神経がありますが、外のような暑い過酷な環境のもとでは交感神経が働き、涼しい屋内に入ると副交感神経に切り替わります。

その後、エアコンなどで冷え切った環境のもとでは再び交感神経が優位に働きます、こうして1日の中で交感神経と副交感神経が目まぐるしく入れ替わるのです

その結果、自律神経が疲弊し、カラダに様々な症状が出てきます。

夏バテ 対策

過度な温度差をつくらない工夫を

対策としては、外気と屋内との間に過度な温度差をつくらないようにすることです。

最近の夏は非常に暑いので、エアコンを使わないわけにはいきませんが、設定温度を低くしすぎず(27度前後)、外気との温度差を小さく保つことが重要です。

オフィスなど自分で室温をコントロールできない環境にいる方は、ひざ掛けなどを用意してカラダを冷やしすぎないように工夫をしましょう。

また、夕方から就寝前にかけての自律神経(副交感神経)のケアも大切。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかる、足湯をする、温かい飲み物を飲む、ストレッチをするなどリラックスして副交感神経をいたわるようにしましょう。

夏バテの原因② 胃腸の機能低下

夏バテの2つ目の原因としては、胃腸の機能低下が挙げられます。

気温の上がる夏場は、体温を調節するために皮膚への血液量の配分が増えます。

カラダの中の血液量の総量は変わらないので、皮膚への血液量が増えた分、に割り当てられる血液量が少なくなるのです。

血液量が減った胃や腸は働きが鈍くなります。さらに、連日の暑さから冷たいものを多くとる傾向にあり、胃や腸はますます疲弊するのです。

夏バテ 対策は…

冷たいものを控え、胃腸に優しい食べ物を取り入れる

対策としては、冷たいものの摂取を控えることです。

弱った胃腸には、温かい飲み物が効果的です。おすすめはハーブディー緑茶

ハーブティーに含まれる香りには、副交感神経を優位にさせる作用があり、緑茶にはビタミンCによるストレス解消効果が期待できます。

さらに、胃腸を温めるとともに、不足しがちなビタミンC、ミネラルなどバランスのよい食事を心がけます。

キャベツなどに含まれるビタミンU、オリーブオイルなどに含まれるオレイン酸モロヘイヤなどに含まれるムチンやマンナンはを保護する働きがあります。

また、食物繊維ラクトフェリン、アミラーゼなどには腸の働きを整える効果があります。こちらも夏バテ対策に効果的です。

夏バテの原因③ 睡眠の質の低下による疲労

夏バテの3つ目の原因は、睡眠の質の低下です。

夏バテは疲労の一種で、疲労は睡眠によって取り除かれます。

しかし、十分な睡眠がとれないと疲れが翌日に残り、夏バテの原因となります。

夏バテの対策は?

入浴と寝室の温度管理で快適な睡眠を

質の高い睡眠をするには入浴と寝室の温度管理が重要です。

人間のカラダは体温が下がるとともに眠りにつくようになっています。

入浴をすることで、いったん体温が上がり、その後体温が下がるため、自然と眠りにつくことができるのです。

ただし、入浴してからすぐには体温が下がらないので、睡眠の最低でも1時間前には入浴をすませておきましょう。

続いては室内温度。前述したように、人間のカラダは体温が下がる過程で眠りにつきます。そのため、就寝時の寝室が暑すぎるのはNG。

最近の日本の夏は夜になっても温度が下がらない場合が多いので、エアコンを適度に使いましょう。就寝時の室温は27~28度前後がおすすめで、この室温を一定にキープしておくことが重要です。

ただし、エアコンの風が直接カラダに当たるのはNG。

風向きを変えたり、寝る場所を変えるなど、エアコンの風が直接当たらないように工夫しましょう。

空気清浄器で湿度を保ち、扇風機で室内の空気を循環させ、快適な室内にすることも効果的です。

夏バテの原因④ ビタミンB1の不足

夏バテの4つ目の原因は、ビタミンB1の不足によるものです。

ビタミンB1は糖質(炭水化物)をエネルギーに変える働きがあります。

ところが、夏はジュースやアイス、麺類など糖質の多いものを多くとる傾向にあるため、ビタミンB1が不足しがちになります。

ビタミンB1が不足すると、糖質をエネルギーに変えることができず、疲労を招き夏バテの原因となります。

夏バテの対策

ビタミンB1を多めに ビタミンCやミネラルも

対策としては、アイスやジュースなど甘いものを控えると同時に、ビタミンB1を多めに摂取します。(詳しくはビタミンB1を多く含む食品を参照。)

また、汗をかきやすい夏は、汗とともに失われやすいビタミンCミネラルなども多めに摂取するようにしましょう。

また、にんにくニラなどに含まれているアリシンは、ビタミンB1の吸収率を高める効果があります。アリシンとビタミンB1を一緒に摂ることでその効果は高まります。

また、良質なタンパク質を含むお豆腐は消化・吸収が良く、つるっとした口あたりで食べやすいため、食欲が落ちているときにおススメです。

また、お豆腐は薬味やトッピングを加えやすい食品なので、他の食品も一緒に食べることができ、いろいろな味を楽しめて飽きないメリットがあります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク