症状・病気ワキガ原因対策
ワキガunderarm-odor

ワキガの原因と主な対策について知ろう

ワキガの原因と対策

ワキガの主な原因は、汗腺の1つであるアポクリン腺から出る汗。このアポクリン線の量は遺伝によって決まります。

汗自体は無臭ですが、アポクリン腺の汗に含まれる成分が、肌に住む常在菌に分解される時に独特のニオイを発生するのです。

もうひとつの汗腺であるエクリン腺から出る汗も無臭ですが、アポクリン線の多い人、つまりワキガ体質の人は、汗が蒸発する時にアポクリン腺から出る汗のニオイを一緒に拡散させてしまいます。

ワキガ体質は遺伝的なものではありますが、さらにワキガを悪化させてしまうこともあります。今回はそんなワキガの原因と対策を整理してみました。

原因① 欧米型の食生活がワキガを悪化させる

日本は約10%がワキガ体質とされていますが、欧米では70~100%がワキガ体質と言われています。

この違いには食生活が原因となっているようです。

脂っぽいものや肉やチーズなどの動物性たんぱく質を摂りすぎると、ワキガの原因となるアポクリン腺が刺激され、イヤなニオイがより強くなってしまうことも

野菜や大豆、魚中心の生活から、肉やファストフードなどが中心の食生活にシフトしたことが、日本人のワキガ体質を強くした原因と言われています。

ワキガ 対策

対策① 野菜や植物性タンパク質を多く摂る

対策としては動物性タンパク質を控え、野菜や果物、植物性たんぱく質を積極的に摂りましょう。

植物性タンパク質を多く含む食品には、大豆納豆豆腐などが挙げられます。

また、お肉を食べる時は野菜も多めにとるなど、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

原因② 雑菌が繁殖している!

ワキガの原因の一つに雑菌が繁殖していることが挙げられます。

特に、わき毛があると、ニオイを強くしてしまいます。わき毛は細菌が繁殖するスペースを提供しているようなもの。

また、ワキを不潔にしていると、雑菌が繁殖してニオイを出すもとになります。

ワキガ 対策は…

対策② ワキの下を清潔に

ワキの下を清潔に保つ対策をとることで、ワキガは軽減されます。

特に、わき毛の有無でニオイの量が変わってきます。わき毛を剃ると通気性がよくなり、ワキの下の湿った環境が改善されます。

お手入れをする時は、清潔なカミソリを使い、肌を傷つけないように注意してください。

また、汗はこまめにふき取ることもワキガ対策としては有効です。

汗をかいたら、体温が下がるのを待ち、ウェットティッシュや湿ったタオルなどで優しく拭きとりましょう。

乾いたタオルより、湿ったタオルのほうが、殺菌をうまく拭き取ることができます。

また、お風呂で洗う時はゴシゴシと洗いすぎないことと、すすぎをしっかりすることに注意してください。

原因③ ストレスがニオイを強くする?

ワキガの原因の一つにストレスも考えられます。私たち人間はストレスにさらされていると、アドレナリンが分泌されます。

すると汗腺が刺激され、アポクリン腺から汗が分泌されてしまいます。

ストレスからかく汗は、運動をした際にかく汗と違うところから出てくるのです

ワキガの対策は?

対策③ ストレスをためない、ワキガを気にしすぎない

一番良い対策はストレスがなく、でいつもリラックスした状態でいること。

ただ、これは現実的には難しいですね。自分なりにストレスとうまく付き合う方法をみつけましょう。

ワキガ自体がストレスになるのなら、不安を和らげる工夫をしましょう。

ワキガ対策シートなどを、御守がわりに携帯しておけば「これを使えば大丈夫」という安心感を生み、よけいな汗をかかずにすみます。

ただ、香りのついたものを選ぶとニオイと混じって悪臭になる心配があるので、無臭を選びましょう。

また、「吸水」「速乾」「消臭」などの機能性インナーもワキガ対策としては有効ですね。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク