症状・病気白髪原因対策
白髪white-hair

気になる白髪の原因と対策法について

白髪の原因と対策

40歳が近くなると目立ち始めるのが白髪です。

一気に歳をとったように感じて、なんだか嫌だなぁと白髪を隠したいと思う人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな誰もが体験する白髪について原因と対策を紹介します。

原因① 加齢や遺伝によるので、ある程度は仕方がない

髪の毛はもともと白髪で生まれてきます。それがメラニン色素によって、その人の髪の色に染められるのです。

メラニン色素は髪の毛の根元にあるメラノサイトという細胞によって作られますが、この細胞がきちんと働くにはチロシナーゼという酵素も不可欠です。

遺伝によって、このメラノサイトが少なかったり、弱かったりする人がいると言われています。

また、歳を重ねるとチロシナーゼが減少していくので、上手く髪の毛に色をつけられなくなり、白髪になるのです。

白髪 対策

対策① 紫外線を防いで、髪の毛の老化を少しでも予防しよう

対策としては紫外線を適度に防ぐことです。

紫外線は細胞を老化させることがわかっています。紫外線にあたることで活性酸素が生成され、細胞にダメージを与えるのです。

お肌を若々しく保つためには紫外線が大敵なように、頭皮にとっても紫外線はよくありません。

頭は身体の一番上にあるので、頭皮は紫外線の影響をふんだんに受けます。

外出時にはなるべく帽子や日傘によって、頭皮に直接、紫外線があたるのを防ぎましょう。

また、肌に日焼け止めをぬるのと同様に、頭皮にも日焼け止めをぬってあげましょう。

スプレータイプのものがありますので、そちらもおすすめです。頭皮専用の日焼け止めもあるので、それを使うと、シャンプーで落ちやすくて便利です

原因② 栄養不足で白髪になる

細胞は日々細胞分裂を繰り返しています。それにはビタミンミネラルタンパク質などさまざまな栄養素が必要です。

それら栄養が頭皮にしっかり送られないと、頭皮の細胞の老化を早めることにつながります。

過度なダイエットは栄養不足を招くので、白髪だけでなく抜け毛の原因にもなります。

白髪 対策は…

対策② 白髪に効く栄養素を考えながら、バランスのよい食事を心がけて

対策としてはバランスの良い食事を心がけることです。

バランスの良い食事は身体を健康に保つためには不可欠ですが、髪の健康にも大切です。

それを頭に入れたうえで、白髪を防ぐ栄養素を見てみましょう。まず、髪の主な成分であるタンパク質をしっかり摂取することは、髪の生成に不可欠です。

そして髪の色の元となるメラニン色素の生成に欠かせないのが「チロシン」です。チロシンはアミノ酸の一種で、乳製品であるチーズに多く含まれています。

いくらメラニン色素がたくさんあっても、メラノサイトがなければ意味がありません。

メラノサイトを活性化するのに必要な栄養素がヨウ素です。昆布ひじきといった海藻類に多く含まれています。

また、メラノサイトが働くにはチロシナーゼ必要ですが、このチロシナーゼを活発にするのがミネラルの一つ銅です。

納豆きなこといった大豆製品に多く含まれます。以上の栄養素を意識しながら幅広い食品を摂取するようにしましょう。

原因③ 心労がたたると白髪は増える

苦労をすると白髪が増えるとよく言いますが、ある意味それは本当です。

1日しんどい思いをしたからといって、白髪になるわけではありません。しかし長期間ストレスがかかると、自律神経が乱れて、頭皮の血行が悪くなります。

その結果、白髪になるというわけです。

白髪の対策は?

対策③ 生活習慣を見直してストレスに打ち勝とう

ストレスの原因がわかっていて、取り除くことができれば、問題解決ですが、なかなか簡単にいかないのがストレスですね。

なるべく生活習慣を乱さないように努力することによって、ストレスのダメージは最小限に抑えられます。

対策としては、規則正しい生活をする、睡眠をしっかりとる、有酸素運動を行う。

この3つが大きなポイントですが、これに加えて、シャンプーの時に頭皮のマッサージを行い、頭皮の血行を促進させてあげましょう。

やり方は手の指を使います。耳の横、首のあたりから頭皮を手の指の腹で押します。頭頂部にむかって押しながらマッサージします。

頭頂部には百会(ひゃくえ)という自律神経を整えるツボがあるので、そこも押しておくと、ストレス解消の効果が期待できます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク