症状・病気しわ原因対策
しわwrinkles

しわの原因と対策は?しわのメカニズムについて

しわの原因と対策

歳を重ねて気になるものの一つにお肌の「しわ」があります。

特に女性は、しわがあるとより老けて見えることから、できれば作りたくないと思っているのではないでしょうか?

では、一体何が原因でしわは作られて、どのような対策をとればしわを防ぐことができるのでしょうか?

今回はしわの原因と対策について紹介していきます。

肌の老化と女性ホルモンの低下がしわの原因に

しわの原因のひとつに加齢による老化と女性ホルモンの低下が挙げられます。歳をとるとカラダのありとあらゆるところが老化します。

肌も例外ではなく、弾力性を保つのに欠かせないエラスチンやコラーゲンが少なくなってしまいます。

また、女性ホルモンもエラスチンやコラーゲンの生成に関わっているので、閉経で女性ホルモンの分泌が減少することもしわの原因になります。

肌の弾力性が悪くなると、表情の癖によってできる表情じわが表れはじめます。

しわ 対策

姿勢を正し、自然な表情を心がける

しわ対策としては姿勢を正し、自然な表情をこころがけましょう。無理な表情をすると余計な筋肉に力が入って、しわができやすいといいます。

変なところに力が入っていないか表情を意識をしてみましょう。姿勢が良いと、自然な表情を作りやすく、しわができにくいとされています。

また、老化を防ぐことは難しいですが、タンパク質、ビタミン、ミネラル鉄分食物繊維などを含んだバランスよい食事は、しわを予防するのに欠かせません。質の良い睡眠も肌の健康にとって大切でしょう。

水分量が減る "乾燥" も原因の一つ

肌の水分量が不足してしまう乾燥肌。肌の水分不足が続くと、ひび割れた地面のように、肌にも隙間ができてしまいます。

その隙間から水分がどんどん蒸発して、薄く硬い皮膚へと変わっていき、浅いしわが目立つようになります。

この小じわを放っておくと、深いしわの原因となり、どんどん改善しにくくなってしまいます。

しわ 対策は…

肌の保湿を重点的に行う

対策としては肌の保湿を重点的に行いましょう。

まず、空気が乾燥気味であれば、肌からの不感蒸泄が増してしまいますので、加湿器などで湿度を50%に保つような対策をしましょう。

体内に水分が不足することもよくありません。適宜、水分摂取をして水分不足のないようにします。

そして、スキンケア商品は保湿にこだわりましょう。「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」などが配合された商品が効果的です。

紫外線による光老化でしわの生成を加速

紫外線は肌のコラーゲンを分断して、エラスチンを変性する酵素を作り、肌の水分を保持しているヒアルロン酸を壊す原因となります。

つまり、しわがより作られやすくなります。

また皮膚のバリア機能も低下させるので、乾燥が進んだり、肌のトラブルが増えたりすることになります。

しわの対策は?

外出時には紫外線対策を怠らない

しわを予防するには紫外線対策を行わなければなりません。紫外線はできるだけ肌に直接当たらないようにしましょう。

夏はもちろんのこと、冬であっても、曇りであっても、紫外線対策は必要です。

UVカットのクリームを塗ったり、帽子や日傘、洋服でしっかり肌を守ったりするようにしましょう。

1日中を外で過ごす時には、UVカットクリームを2~3時間おきに塗り直すことも重要です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク