臨床試験によりフェンネルが更年期の症状を減らす可能性があることが判明

海外ニュース > フェンネルが更年期の症状を緩和させる可能性が

フェンネルが更年期の症状を緩和させる可能性が

フェンネル

食用ハーブとして知られるフェンネル。欧州ではポピュラーな野菜のひとつ

フェンネルが更年期にみられる症状を緩和させる可能性があることが、最新の臨床試験で判明した。

Fennel 'safe and effective' for easing menopause symptoms, study confirms

臨床試験はイラン人女性を対象に行われた。一方のグループには、100mgのフェンネルを含んだカプセルを、もう一方のグループにはプラシーボ(薬理作用のない偽薬)を1日2回、毎日8週間服用させた。

更年期の症状を判定する更年期評価尺度(MRS)によれば、フェンネルを含んだカプセルを服用した女性は、プラシーボを服用した女性よりもMRSの数値が著しく低かったという。

The study revealed significantly lower MRS scores in patients who had received the treatment compared with the placebo group.

被験者の反応に基づくと、閉経後の女性にみられる更年期の症状を、フェンネルが安全かつ効果的に減らすのではないかとされている。

Based on the participants' responses, fennel was found to be "an effective and safe treatment to reduce menopausal symptoms in postmenopausal women without serious side effects."

これらはまだ臨床的な試験であり、今後はフェンネルを毎日摂取することによる副作用がないか研究を進めるとしている。

関連記事:香りが人気! フェンネルの効能や効果をリサーチ

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク