自然の中で過ごす女性は長生きする

海外ニュース > 自然の中で暮らす女性は死亡率が12%低い

自然の中で暮らす女性は死亡率が12%低い

森林と女性

森林にはフィトンチッドという香り成分が充満しており、精神を安定させる効果がある

自然の中で暮らす女性の死亡率がそうでない女性の死亡率よりも低いことが米国の研究によって明らかになった。

Women who spend time in nature live longer, study finds

ハーバード T.H. チャン・スクール・オブ・パブリック・ヘルスとブリガム・アンド・ウイメンズ病院の研究によると、自然の中で囲まれた生活をしている米国人女性はそうでない女性に比べて死亡率が12%少ないことが分かった。

さらに、自然とがん・呼吸器との関係性は強く、自然の中で囲まれた生活をしている女性はそうでない女性に比べて、がんによる死亡率は13%低く、呼吸器に関連する死亡率は34%も低かったという。

The researchers found that women who live amongst plant life and spend time in nature have a 13 percent lower rate of cancer deaths and a 34 percent lower rate of respiratory-related deaths.

また、2000年から2008年に米国で行われた研究によると、自然に没頭した女性はメンタルヘルスが大いに改善されたとの結果がでており、アウトドアの時間が社会とのつながりや身体活動を増加させたのではないかと結びつけている。

The study, which used data from 108,630 women across the United States from 2000 to 2008, also found that mental health improved remarkably for women immersed in nature. They linked outdoor time to increased social engagement and physical activity.

現実的に自然の中で暮らすのは難しくても、自然に親しむ時間をとることはいくらでもできる。自然から得られるメリットは計り知れないので、週末に森林浴にでも出かけてみてはいかがだろうか。

関連記事:森林浴の効果は? - 心や体をリフレッシュする森林浴の効能4選

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク