栄養・栄養素アリシン効果効能
アリシンallicin

アリシンの効果と効能をチェック!

アリシンの効果と効能

イオウ化合物の一種であるアリシン。

ねぎ類に共通して含まれている香り成分で、にんにくニラねぎなどに多く含まれています。

今回はそんなアリシンについて、その効果と効能をご紹介します。

ビタミンB1の吸収を高める効果 - 血栓予防や疲労回復に

アリシンはビタミンB1の吸収を高める効果があります。

アリシンは、ビタミンB1と結合するとアリチアミンという成分になり、ビタミンB1の吸収を高めます。

ビタミンB1の吸収が高まることで、血栓予防や疲労回復、滋養強壮などの効果が期待できます。

強い抗菌、殺菌効果 - 風邪、O-157対策にも有効

アリシンには抗菌、殺菌効果があります。

アリシンの持つ抗菌、殺菌作用は非常に強く、様々な細菌に対する抗生物質になり、多くの感染症の予防に役立ちます。

風邪はもちろん、ピロリ菌やO-157対策にも有効です。

加熱することで、冷え性、動脈硬化、血圧低下に効果を発揮

アリシンは加熱することで、血圧やコレステロールを抑制する効果があります。

アリシンは加熱するとスコルジニンという成分に変化します。

スコルジニンは毛細血管を拡張させる働きがあり、冷え性の改善、動脈硬化の予防、血圧やコレステロールを抑制する効果などがあります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク