栄養・栄養素アントシアニン > 多く含む食品
アントシアニンanthocyanin

アントシアニンの効果 - 天然の青紫色の色素アントシアニンの働き

アントシアニンの効果と効能

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、ブルーベリーアサイーなどに含まれる、青紫色の天然色素成分です。

アントシアニンは、植物を紫外線から身を守る役割があり、人に例えるとメラニン色素のような働きをしています。

目に効く栄養素として有名なアントシアニンは、多くの企業がサプリメントとして販売しています。また、アントシアニンは安全性が高いとして食品の着色料としても利用されています。

今回は、そんなアントシアニンの効果や効能ご紹介します。

視覚機能の向上 - 視力の低下予防、眼精疲労の回復

アントシアニンには、視力の低下を予防する効果があります。

アントシアニンは、目の網膜の色素体であるロドプシンの再合成を活性化させる働きがあるため、目の機能を向上し視力や眼精疲労の回復に効果があります。

白内障や緑内障の予防にも効果! - 強力な抗酸化作用

アントシアニンの強力な抗酸化作用には、眼病予防に効果があります。

アントシアニンの抗酸化作用はとても強力で、紫外線から水晶体を守り白内障を予防する効果があります。

また、紫外線や喫煙、栄養不足などによって起こる、酸化ストレスが原因の緑内障の予防にも効果があります。

生活習慣病のリスク低下 - メタボリックシンドロームを予防する

アントシアニンにはメタボリックシンドロームを予防する効果があります。

アントシアニンは、内臓や血液中の脂肪の蓄積を抑制したり、血糖値の上昇を抑える働きもあるため、高血圧の予防に有効です。

そのため、アントシアニンには、生活習慣病である脳梗塞や糖尿病、さらに糖尿病性網膜症の予防に効果があります。

アンチエイジング効果も!血行促進、美肌効果

アントシアニンには、血行を促進する効果があり、毛細血管を保護する働きがあります。

また、コラーゲンを安定させる作用もあるため、肌のハリや血色を良くし美肌にも効果あります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク