アルブチンの効果

アルブチンarbutine

アルブチンの効果とは?- シミができる前にしっかりと予防

アルブチンの効果と効能

アルブチンは、近年、美白効果の高い成分として話題に上っています。

厚生労働省にも認可されている成分で、医薬部外品として化粧品に配合されて販売されているほどです。

そのため、シミやソバカス、肌のくすみを予防など美白を維持したい方にとって、アルブチン配合の化粧品類はおすすめです。

今回は、アルブチンにはどのような効果があるのかをご紹介します。

アルブチンとは?

アルブチンとは、ハイドロキノンと呼ばれる成分にブドウ糖が結合してできたもので、配糖体(有機化合物)の一つです。

近年話題のサンタベリーや、コケモモ、リンゴンベリー、ウワウルシなどに含まれている成分です。

アルブチンは美白効果が高く、特にシミができる前の予防に効果があると言われています。一方、すでにできてしまったシミに対しては、ハイドロキノンが有効です。こちらは皮膚科でも使用されていますが、刺激が強いという特徴があります。

アルブチンは低刺激というメリットがあり、シミ予防として注目されている成分です。

高い美白効果 - シミができる前に予防!

アルブチンには、シミやくすみを予防する高い美白効果があります。

アルブチンは、チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑える働きがあります。チロシナーゼはシミの原因となるメラニン色素を作り出す酵素です。

シミやソバカスできるのは、メラニン色素が作られるためです。これは、普段カラダを守る働きの活性酸素が過剰に発生するのが原因です。

活性酸素がメラニン色素を作りだすメラノサイト(色素細胞)を活性化させると、酵素のチロシナーゼとアミノ酸の一種であるチロシンが結合して、メラニン色素を作りだします。その結果、肌にシミやソバカス、くすみなどが現れます。

アルブチンは、このチロシナーゼとチロシンの結合を抑えて、メラニン色素が作り出されるのを抑えてくれます。

利尿作用 - 尿路感染症の予防にも

アルブチンには、尿路感染症の予防にも効果があります。

アルブチンは、利尿作用や殺菌作用も持ち合わせています。そのことから、尿素消毒薬として利用したり、膀胱炎や尿路感染症、尿路結石の治療薬としても使われています。

多くの化粧品に配合 - ピーリング化粧品の併用で美白効果を高める

美白効果の高いアルブチンは、多くの化粧品に配合されています。

基礎化粧品の化粧水や乳液はもちろんのこと、美容液や洗顔やクレンジング、パックなどにも利用されています。美白効果のある成分にはアルブチン以外にも、ビタミンCやハイドロキノンなどが挙げられます。

アルブチンの効果を高めるには、ピーリングなど肌のターンオーバーを促す化粧品や、ビタミンCと一緒に利用するのが効果的です。角質を取り除いくことで新しい肌に生まれ変わり、より肌の透明感を増すことができます。

アルブチンには、「αアルブチン」と「βアルブチン(ハイドロキノン-β-グリコピラノシド)」があり、一般に化粧品に利用されているものは「αアルブチン」です。

「αアルブチン」は肌へのなじみが良く、βアルブチンと比較すると10倍も美白効果が高いと言われています。コケモモや梨に含まれている天然成分から抽出し、江崎グリコとスイスの企業が共同で独自の配糖化技術を用いて、高い効果を生み出しています。

「βアルブチン」は、古くから美白成分として利用されてきましたが、αアルブチンと比べると肌へのなじみが低いと言われています。一般にアルブチンというと「βアルブチン」のことを指します。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク