アスコルビン酸ascorbic-acid

アスコルビン酸の効果 - ビタミンCの別名アスコルビン酸とは?

アスコルビン酸の効果と効能

アスコルビン酸は「ビタミンC」の化学式名です。

壊血病治療の研究で発見され「アンチスコルビック(抗壊血病)」からアスコルビン酸と名づけられました。

アスコルビン酸は、ブドウ糖から合成された成分で、ビタミンCと同様の働きをします。

人の体内ではビタミンCを合成することができないため、食品やサプリメントから摂取する必要があります。

今回は、アスコルビン酸の効果・効能についてご紹介します。

ビタミンCとしての作用 - 抗酸化作用、美肌効果

アスコルビン酸の効果や効能・働きは、ビタミンCと同様になります。

アスコルビン酸は、抗酸化作用があるため、老化の原因である過剰な活性酸素の働きを抑制する効果があります。

また、コラーゲンの合成を促進、メラニンの生成を抑制する作用もあり、シワシミを防ぎ肌のハリや美白などの美肌効果があります。

免疫力やストレス対策にも効果あり - 現代人に必須の成分

アスコルビン酸は、ウィルスを排除する白血球の働きを強化する効能があり、免疫力を高める効果があります。

また、アスコルビン酸には、抗ストレスホルモンの分泌を促進する作用もあり、ストレスの軽減に効果があります。

その他に、鉄分の吸収を促す作用や、現代ではあまり見られませんが壊血病の予防にも役立っています。

体内のビタミンC不足を補える!

人は、体内でビタミンCを合成できないため、ビタミンCを含む食品やサプリメントで補う必要があります。

ビタミンCは、野菜や果物に含まれていますが一日に食べられる量も限られうえ、調理過程で減ったり、尿として体外に排出もされます。

その点、アスコルビン酸は、サプリメントで手軽に補給することができます。

ビタミンC不足が原因で起こりうる、病気や症状を予防できる

ビタミンCが不足すると、さまざまな症状や病気の原因となります。

肌のハリ・弾力の衰えるたるみ、シミ・シワの増加。

免疫力の低下で風邪をひきやすくなる、ストレスでイライラ、歯肉などからの毛細血管の出血、貧血生活習慣病骨粗鬆症などが挙げられます。

食品の酸化防止剤や化粧品にも利用される

アスコルビン酸は、食品の酸化防止剤として利用され、果物の加工品、ジャム、また緑茶にも含まれています。

また、シミやシワなど美肌やアンチエイジング効果を目的とした、エイジングケア用品などの化粧品にも含まれています。

アスコルビン酸とビタミンCの表示の違い

アスコルビン酸は、ビタミンCの化学式名です。なので、効果や働きなどはビタミンCと同様です。

アスコルビン酸は日本薬局方収載で「アスコルビン酸」または「アスコルビン酸(ビタミンC)」で表示されています。

病院で処方された薬は「医薬品」となるためアスコルビン酸と表示され、効果や効能の記載ができます。

また、アスコルビン酸が含まれた化粧品は使用期限を記載します。

一方、サプリメントは医薬品ではないので「ビタミンC」と表示され、効果・効能を表示することはできません。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク