アスタキサンチンastaxanthin

アスタキサンチンの効果 - 赤い色素がもたらす効能とは?

アスタキサンチンの効果と効能

赤い色素が特徴のアスタキサンチン。

近年、アスタキサンチンはその効果や効能が認められ、サプリメントや化粧品にも使われ始めています。

注目されつつあるアスタキサンチンですが、他の栄養素に比べると、まだまだ知名度が低いですね。

今回はそんなアスタキサンチンについて、アスタキサンチンとは何か、どのような効果や効能があるのかを紹介します。

そもそも、アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンは、カロテノイドの一種で、天然の色素成分です。

カロテノイドは、カロテン類とキサントフィル類に分けられ、アスタキサンチンはキサントフィル類に分類されます。

アスタキサンチンは赤い色素で「ヘマトコッカス藻」という藻に含まれています。

そしてこの藻を食べる、やイクラ、エビカニなどの魚介類や海草類にアスタキサンチンが含まれます。

ビタミンEの1,000倍の抗酸化作用! 活性酸素を除去する効果

アスタキサンチンの一番の効果は、強力な抗酸化作用を持つことです。

抗酸化作用には、活性酸素を抑制する効果があります。

アスタキサンチンは、体のあらゆる組織を作るタンパク質脂質、DNAなどが活性酸素によって酸化しないよう働き、いろいろな病気を予防する働きがあります

アスタキサンチンの抗酸化作用は、ビタミンEの約1,000倍、β-カロテンの約40倍、コエンザイムQ10の1,000倍以上といわれています。

眼精疲労を改善する効能

アスタキサンチンには眼精疲労の改善効果があります。

眼精疲労は、目の奥にある「網様体筋」が、緊張し続けた状態(筋肉疲労)です。

アスタキサンチンには、血管拡張作用があり、目の周りの末梢血管の血流を促す働きがあります。

この、血流を促す働きが、網様体筋の修復を促がし目の疲労を軽減するので、眼精疲労の回復に効果があります

疲労回復、筋肉の疲労を軽減する効果

アスタキサンチンには疲労回復の効能があります。

アスタキサンチンは、疲労の原因となる酸化された過酸化脂質の生成を抑制するので、疲労回復効果が期待できます。

筋肉疲労の原因になる乳酸の生成を抑え、筋肉の疲労を軽減する働きもあります

女子必見! メラニンと活性酸素を抑えて美白、美肌効果

アスタキサンチンには、美白、美肌効果があります。

アスタキサンチンは、メラニンを作る原因の酵素、チロシナーゼの活性化を抑制する働きがあります。

肌を黒くするメラニンの生成を抑えるため、美白効果があります。

また紫外線によって、コラーゲンを破壊する活性酸素の働きも抑制するので、美肌効果も期待できます。

動脈硬化を予防する働きも!

アスタキサンチンには動脈硬化を予防する効果もあります。

アスタキサンチンの抗酸化作用が、血液中のコレステロールの酸化を防ぎます。

血管壁にプラークが付着するのが抑えられるので、動脈硬化の予防効果があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク