栄養・栄養素ビフィズス菌 > 多く含む食品
ビフィズス菌bifidobacterium

ビフィズス菌の効果 - 生きたまま腸まで届く善玉菌の働き

ビフィズス菌の効果と効能

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種とされ、その中でも桿菌に分類されます。

ビフィズス菌は、大腸に住む代表的な善玉菌です。人だけでなく動物の腸内にも存在し、それぞれの腸内環境に適した形で住みついています。

実は、ビフィズス菌は、乳酸よりも酢酸を多く作るため、正確には乳酸菌に分類されません。ですが、腸内で善玉菌として働くため乳酸菌として扱われています

また、ビフィズス菌は、腸内環境を整える力がとても強いため「お腹の調子を整える効果」が特定保健用食品(トクホ)として認められています。

今回は、そんなビフィズス菌の効果や働きについてご紹介します。

腸内環境を整える効果 - 整腸作用、便秘改善効果

ビフィズス菌には、お腹の調子を整える効果があります。

ビフィズス菌は、胃液や胆汁に対する抵抗力が強いため、生きたままに届きやすい性質があります。

そのため、腸内環境を整えて腸の蠕動運度を促し、便秘改善の効果があります。

また、ビフィズス菌は、乳酸の他に酢酸を作り出すため、酢酸の強い殺菌力で悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。

免疫細胞の7割は腸で作られる! - 免疫力を高める効果

免疫細胞の7割は腸(小腸大腸)で作られると言われ、ビフィズス菌には免疫力を高める効果があります。

ビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑制し免疫力を高め、悪玉菌が生成する毒素を腸壁から全身にめぐるのを防ぐ効果があります。

また、ビフィズス菌には、腸内の免疫系を刺激してNK細胞を活性化させ、風邪やインフルエンザの予防にも有効と言われています。

花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果

これもビフィズス菌の免疫力を高める効果。アレルギー症状を緩和します。

アレルギーの原因は、免疫機能のバランスが崩れ、特定の物質に過剰に反応する事で起こると言われ、アレルギー症状のある方の腸内には善玉菌が少ないという結果があります。

ビフィズス菌が、腸内細菌のバランスを整えて腸を健康に保つと、目や鼻のかゆみなど花粉症の症状が改善した結果が報告され、抗アレルギー効果が期待されています。

美肌効果 - ビタミンB群を合成し栄養素の吸収も良くする

肌荒れの原因の一つに便秘があります。腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が増えると、腸壁から吸収された毒素が肌へと運ばれるため肌荒れが起こります。

ビフィズス菌は、腸の働きを活性化させ、消化吸収を促し栄養素の吸収を良くするほか、排便も促し老廃物を体外に排出します。

また、ビフィズス菌は、腸内でビタミンB群や血行を促進するビタミンKを合成するため、血色を良くし、肌荒れを防ぐため美肌に効果があります。

貧血を予防する効果 - 赤血球を作り血行を促進

これもビフィズス菌のビタミンB群を合成する効果。貧血を予防します。

ビフィズス菌の、ビタミンB群を合成する働きには、正常な赤血球を作るのに必要なビタミンB12も合成するため、貧血の予防に効果があります。

また、ビフィズス菌は、血行促進効果のあるビタミンKも合成するため、より貧血予防に効果的です。

コレステロール値を下げる効果 - 動脈硬化の予防

ビフィズス菌は、摂取したコレステロールの半分を、体内に吸収されにくいコプスタノールという物質に分解する働きがあります。

その結果、ビフィズス菌には、コレステロール値を下げ動脈硬化を予防する効果があります。

ビフィズス菌は32種類に分類 - 人の腸内には10種類も存在!

ビフィズス菌は、常に腸内で増殖・死滅を繰り返し、約一週間ほどで排泄されると言われています。

ビフィズス菌は、現在32種類に分類、そのうち10種類が人の体内で確認され、ビフィダム菌、ロングム菌、アドレスセンティス菌、ブレーベ菌などがあります。

大腸にもともと存在するビフィズス菌は、加齢とともに減りやすく、ストレス・お酒の飲みすぎなどの生活習慣病によって増々減りやすくなります。

また、肉類の高タンパク・高脂質の食事なども減る原因となります。

ビフィズス菌は、酸素を嫌う偏性嫌気性という特徴がありますが、多くのヨーグルトではビフィズス菌とともに酸素があっても発酵する乳酸菌を使用しています

老化は腸からと言われます。腸内環境を健康に保つには、ビフィズス菌の餌となるオリゴ糖食物繊維を一緒に取ると、効率的にビフィズス菌を増やせます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク