栄養・栄養素ビオチン効果効能
ビオチンbiotin

ビオチンの効果 - 知られざるビオチンの効果3選

ビオチンの効果と効能

ビオチンはビタミンB群の一種「ビタミン7」や「ビタミンH」とも呼ばれる、水溶性のビタミンです。

それってビタミンなの?そんな思いの人も多いはず。

他のビタミンB群と比べると、まだまだ認知度が低いビオチンですが、どのような働きと効果があるのかをご紹介します。

3大栄養素の代謝をサポートする効果

ビオチンには、3大栄養素の代謝をサポートする効果があります。

ビオチンは補酵素として、三大栄養素の代謝に必要な酵素の一つ、カルボキシラーゼの働きを助け、3大栄養素(炭水化物脂質タンパク質)の代謝を促します。

皮膚や髪の健康に保つ効果

ビオチンには皮膚や髪を健康に保つ効果があります。

皮膚の炎症やかゆみの原因となる、ヒスタミンの産生を抑える働きがあるので、肌荒れや湿疹の予防、アトピー性皮膚炎の改善に効果を発揮します。

またビオチンは、皮膚や髪の成長に必要なコラーゲンの生成にもかかわるため、抜け毛薄毛白髪の予防にも効果があります。

疲労回復や筋肉痛を和らげる効果

ビオチンは疲労回復や筋肉痛を和らげる効果もあります

ビオチンは3大栄養素の中でも、とくに糖質の代謝に関わる栄養素です。

ビオチンは、糖質から作られる疲労物質の乳酸を再度、糖質に作り変える働き(糖新生)があります。

糖質は体を動かすエネルギーですから、疲労を回復したり筋肉痛を和らげる効果を発揮します。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク