栄養・栄養素カルシウム効果効能
カルシウムcalcium

カルシウムの効果と効能について

カルシウムの効果と効能

現代人が不足しがちな栄養素カルシウム。

人体に最も多く存在するミネラルで、子どもの成長や発達、骨粗鬆症の予防には欠かせない栄養素ですね。

今回はそんなカルシウムについて、効果と効能をご紹介します。

骨や歯を形成する効果

カルシウムには骨や歯を形成する効果があります。

カルシウムの99%は貯蔵カルシウムとして骨や歯を構成する成分となります。

また、カルシウムを日常的に摂取することで、骨粗鬆症の予防にも効果的です。

筋肉の収縮、細胞の機能調整、神経の興奮を抑える効果

カルシウムには筋肉を収縮させたり、神経の興奮を抑える効果があります。

カルシウムの99%は骨の材料になりますが、残り1%は血液や細胞内に存在します。

血液や細胞内に存在するカルシウムは、血液凝固や筋肉の収縮、細胞の機能調整、興奮した神経を抑制するなどの働きをします。

不足しやすい栄養素 - ビタミンDといっしょに摂ると効果的

カルシウムは現代人が不足しやすい栄養素です。

吸収率は低く、牛乳、乳製品で約50%、小魚約30%、野菜約20%とされています。

また、カルシウムを摂る際には、ビタミンDとともに摂ると効果的です。

ビタミンDはカルシウムに必要なタンパク質の合成をさかんにし、カルシウムを骨に沈着させやすくする効果があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク