栄養・栄養素キトサン効果効能
キトサンchitosan

キトサンの効果 - 甲殻類の殻に含まれた動物性食物繊維の働き

キトサンの効果と効能

キトサンは、甲殻類のカニエビの殻に含まれた動物性食物繊維です。

キトサンは、多糖類の一種であるムコ多糖になり、キチンと呼ばれる成分を利用しやすくしたものです。

キトサンは、特定保健用食品に認められている成分で「コレステロールを体内へ吸収しにくくする食品」として一部の商品に表示がされています。

今回は、キトサンの効果や効能、働きについてご紹介します。

そもそもキトサンとは何か?

キトサンは、甲殻類のカニエビの殻に含まれるキチンと呼ばれる成分から、カルシウムタンパク質、色素、アセチル基などを取り除いて精製された成分です

キトサンは、や胃酸に溶けても、体内にキトサンを分解する酵素がないため吸収することはできませんが、体外に排出されるまでに様々な効果があります。

また、キトサンは「キチン・キトサン」や「キチン質」とも呼ばれ、イカの軟骨、昆虫の外皮、きのこの細胞壁などにも含まれています。

血中のコレステロールを低下 - 高脂血症の予防効果

キトサンにはコレステロールを低下させる効果があります。

胃酸で溶けたキトサンは、コレステロールと混じった後、胆汁酸を吸着して分解されずに便とともに排出されます。

胆汁酸はコレステロールが原料で、新たに胆汁酸を作ろうと肝臓にコレステロールを運び使用されます。

そのため、キトサンには血中のコレステロールを低下させる効果があり、高脂血症の予防に有効です。

体に脂肪が蓄積するのを予防する - ダイエット効果、便秘解消

キトサンには、脂肪の蓄積を予防する効果があります。

キトサンは、食事で摂取した脂肪を腸内で吸着し、便とともに排出するため、体内に余分な脂肪を蓄積するのを予防する効果があります。

また、キトサンは食物線維のため、腸内の善玉菌を増やしを活性化するので、便秘が改善されよりダイエットに効果的です。

免疫力アップ - マイクロファージの活性化

キトサンには、マイクロファージの働きを活性化させる作用があります。

マイクロファージとは、免疫機能を補う細胞で、体内に侵入したウイルスや細菌などを捕食し、消化処理をする働きがあります。

そのため、キトサンには免疫力を高める効果があります。

高血圧を予防する効果 - ナトリウムの排出を促す

キトサンは、過剰に摂取した塩分(ナトリウム)を吸着し、体外へ排出する働きがあります。

そのため、キトサンには血圧の上昇を抑制し、高血圧を予防する効果があります

抗菌や防臭効果 - 黄色ブドウ球菌や大腸を殺菌

キトサンには、抗菌や防臭効果があります。

キトサンは、食中毒や化膿の原因となる、黄色ブドウ球菌や大腸菌、さらには肺炎桿菌やMRSAなどを殺菌する効果があります。

また、水虫の予防や改善に向けた靴下、防臭効果のある下着などキトサン配合の線維を使った衣類などが販売されています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク