クロロゲン酸の効果

クロロゲン酸chlorogenic-acid

クロロゲン酸の効果とは? コーヒーポリフェノールの働き

クロロゲン酸の効果と効能

コーヒーからはじめて単離されたクロロゲン酸。

クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で、コーヒではカフェインと並んで注目される成分です。

また、クロロゲン酸は、コーヒだけでなくゴボウにも豊富に含まれるそうで、他にれんこん(皮)、長命草じゃがいもなすなどにも含まれます。

クロロゲン酸は、トクホ商品にも利用されており「お腹の脂肪が低減」するとしてコーヒ飲料に含まれて販売されています。

今回は、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸の注目されてる効果や効能についてご紹介します。

脂肪肝を予防! - 肝硬変のリスクも低減

クロロゲン酸には脂肪肝を予防する効果があります。

クロロゲン酸が、肝臓内中性脂肪の蓄積を防ぐため、脂肪肝を予防して肝硬変のリスクを低くします。

脂肪肝の初期症状は気が付きにくいと言われ、中性脂肪が肝細胞の30%以上も貯まると脂肪肝となります。

メタボリックシンドロームの予防にも効果あり!

クロロゲン酸の中性脂肪の蓄積を防ぐ働きは、内臓脂肪や皮下脂肪の蓄積も防ぐ効果があります。

そのため、クロロゲン酸には脂肪肝のみならず、メタボリックシンドロームのリスク低減効果があります。

「内蔵脂肪症候群」や「メタボ」とも呼ばれるメタボリックシンドロームは、予備軍も含めると40歳以上の男性は2人に1人、女性は5人に1人となります。

ダイエット効果にも有効 - 脂肪の燃焼促進

クロロゲン酸には、ダイエット効果が期待されています。

クロロゲン酸は、脂肪を分解・燃焼を促す働きがあり、脂肪の蓄積を抑える効果があります。

脂肪の蓄積を防ぐため、ダイエットに有効とされ、健康食品やトクホ商品にも利用されています。

糖尿病の予防にも有効 - 血糖値の上昇を緩やかに

クロロゲン酸には糖尿病(2型)の予防に効果があると期待されています。

クロロゲン酸は、食後の血糖値の急上昇を抑える効果があると注目されています。

また、糖尿病以外にもアルツハイマーや急性心筋梗塞や心不全などの心疾患なども予防するとされています。

抗酸化作用がアンチエイジングや生活習慣病予防に!

クロロゲン酸には抗酸化作用があります。

抗酸化作用は、体内の過剰な活性酸素の働きを抑えカラダの酸化を防いで、老化や動脈硬化などを予防する効果があります。

そのためアンチエイジング効果や生活習慣病の予防に有効です。

また、クロロゲン酸は抗がん作用も期待される成分で、ガンの予防にも効果があると注目をされています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク