クロロフィルchlorophyll

クロロフィルの効果 - 緑色の天然色素成分の働きとは?

クロロフィルの効果と効能

クロロフィルは、葉緑素とも言われる緑色の色素成分です。

クロロフィルは、主にクマ笹、ピーマンほうれん草クロレラや海草類、また緑茶と、とても身近な食品に含まれています。

スーパーフードとしても認められているクロロフィルは、ユーグレナスピルリナとも比較される栄養素で、近年は青汁やサプリメントにもなっています。

今回は、クロロフィルの効果や働きについてご紹介します。

抗酸化作用 - がん予防、アンチエイジング効果

クロロフィルには、抗酸化作用があります。

抗酸化作用は、カラダをサビつかせ、老化生活習慣病の原因となる、活性酸素の働きを抑制する役割があります。

また、クロロフィルには、がん細胞の発症を抑えるとして、がん予防の効果も期待されています。

「緑の血液」貧血を予防する効果 - 造血作用

クロロフィルは、血液の色素であるヘムに構造が似てると言われ「緑の血液」とも言われます。

クロロフィルは、と結合し赤血球やヘモグロビンなどに変わるため、造血作用があります。

クロロフィルに含まれる有機ゲルマニウムは、全身の血流を良くし、毛細血管にまで酸素を行き渡らせる役割があるので、貧血の予防や改善に効果があります。

コレステロール値の低下 - 生活習慣病の予防

クロロフィルには、血中のコレステロールを排出し、コレステロール値を下げる働きがあります。

血管壁にコレステロールが付着するのを防ぎ、血栓予防や血流の改善をするため、動脈硬化など生活習慣病を防ぐ効果がクロロフィルにはあります。

デトックス効果、整腸作用 - 有害なミネラル重金属を排出

クロロフィルには、デトックス効果があるとされています。

クロロフィルの主成分はマグネシウムです。マグネシウムが有害なミネラルや重金属を体外から排出するのに役立つと期待されています。

また、クロロフィルには整腸作用もあり、腸内環境を整える効果もあります。

関連記事:デトックスの方法について - 解毒作用でカラダを大掃除しよう!

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク