コリンの効果

コリンcholine

コリンの効果 - 細胞膜の構成に関わるビタミン様物質

コリンの効果と効能

ビタミン様物質の一つであるコリンは、ビタミンB群の一つにされています。

コリンは、細胞膜や神経組織の構成に関わる栄養素で、体内ではアミノ酸のセリンから合成することができます。

また、コリンはタンパク質をしっかりと摂取していれば不足することはないと言われ、大豆レバーといった食品に含まれています。

今回は、ビタミン様物質の一つであるコリンのおもな効果や働きについてご紹介します。

レシチンやアセチルコリンの材料になる

コリンは、体内でレシチンやアセチルコリンの材料となる役割があります。

レシチンは、リン脂質の一種で、細胞膜や神経組織の構成や修復する働きがあります。

一方、アセチルコリンは、脳内の神経伝達物質です。

動脈硬化や脂肪肝の予防する効果

コリンには、動脈硬化や脂肪肝を予防する効果があります。

コリンが材料となるレシチンには、コレステロールが血管の内壁に沈着したり、肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ働きがあります。

また、アセチルコリンには、血管を広げ血圧を下げる役割があります。

これらレシチンとアセチルコリンの働きが、動脈硬化、脂肪肝や肝硬変、高血圧の予防に効果があります。

アルツハイマー型認知症予防に効果が期待!

コリンには、認知症の予防に注目されている成分です。

コリンは、情報の伝達を担う脳内の神経伝達物の材料となる栄養素で、記憶力や学習能力の維持に関わります。

実際に、認知症の患者さんの多くにコリンが不足しているデータがあります。 そして、コリンが不足している方ほど認知力が低いという結果があるそうです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク