栄養・栄養素効果効能
copper

銅の効果は? 知られざる銅の作用と働きについて

銅の効果と効能

ミネラルの一種である銅。

銅はタンパク質と結合して体内に存在しています。体内には約80mgの銅が存在し、約50%が骨や筋肉、10%が肝臓にあります。

今回はそんな銅について、その効果と働きをご紹介します。銅はマイナーな栄養素ではありますが、私たちのカラダに重要な役割を果たしてくれます。

鉄の利用を促進する働き - 貧血の予防効果も期待できる

銅はの利用を促進する効果があります。

銅はヘモグロビンを作るために鉄分を必要な場所に運び、赤血球の合成を助ける働きがあります。

銅には鉄の利用を促進する作用があるため、貧血を予防する効果も期待できます。

酵素の材料となる - 過酸化脂質の抑制や神経伝達物質の産出など

銅には数多くの酵素の材料となる働きがあります。

酵素とは、ヒトの消化や代謝を行う上で欠かせないもので、銅はSODなど約10種類の酵素の材料になります。

銅がこれら酵素の材料となることで、過酸化脂質の抑制や酸素の運搬の触媒、神経伝達物質の産出など、様々な効果や効能が期待できます。

骨や皮膚、髪、血管壁の健康を維持する効果

銅には骨や皮膚、血管壁の健康を維持する働きもあります。

銅は細胞間の結合組織となり、丈夫な骨や皮膚をつくるコラーゲンの生成にも欠かせない栄養素です。

また、銅は毛髪の色素でありメラニン色素をつくるために必要なチロシナーゼという酵素の合成にも欠かせないため、髪の健康を維持する効果もあります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク