クレアチンcreatine

クレアチンの効果 - エネルギー生産に関わるアミノ酸の働き

クレアチンの効果と効能

アミノ酸の一種であるクレアチン。

クレアチンは、体内で合成することができます。アルギニングリシンメチオニンの3つのアミノ酸から作られ、その多くが筋肉に存在します。

クレアチンは、筋肉にエネルギーを蓄える成分で、運動能力を高めるとしてアスリートやスポーツを行う方々に注目されている成分です。

今回は、そんなクレアチンの効果や働きについてご紹介します。

持久力を高める効果 - エネルギーの生成を促進

クレアチンには、持久力を高める効果があります。

運動やカラダを動かす時には、エネルギーが消費されます。

そのエネルギーは、ATP(アデノシン三リン酸)が分解する際に発生して作られますが、体内のATPの量は限られています。

クレアチンは、この消費されたATPの再合成に利用され、運動を続けられるようにしてくれます。

このクレアチンの働きが、エネルギー生成を促進させて持久力を高めます。

筋肉量の増加に効果 - 筋力のアップ

クレアチンは、筋肉量の増加に効果があります。

クレアチンがATPの再合成に利用され、素早くエネルギーを作ることができます

クレアチンは、筋トレ(無酸素運動)時に必要なエネルギーを補うため、トレーニングを続けることができ、筋肉量を増加させることができます。

記憶力を高める効果 - 学習能力の向上

クレアチンには、記憶力を高める効果があります。

エネルギーを発生させるATPは、脳細胞のエネルギー源でもあります。

脳や神経細胞にも存在するクレアチンは、エネルギーの生成を補い増やすため記憶力の向上に有効です。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク