システインの効果

システインcysteine

システインの効果と働き4つのポイント

システインの効果と効能

アミノ酸の一種であるシステイン。

システインは、体内で合成できる非必須アミノ酸です。体内では髪や爪・皮膚に存在しています。

システインは疲労回復に効果があるとも言われプロテインに含まれています。

また、シミ予防に効果があるとサプリメントにも配合され、美肌効果のあるビタミンCも配合された商品が販売されています。

今回は、システインの主な効果や効能についてご紹介します。

メラニン色素の生産を抑制してシミを予防 - シミ対策に効果!

システインにはシミを予防する効果があります。

システインは、シミの原因となるメラニン色素の生産を抑える働きがあり、シミの対策に効果的です。

また、メラニンには「黒色メラニン」と「黄色メラニン」があります。

システインは、メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きの抑制や、黒色メラニンを黄色メラニンに変え、黒色メラニンを減らしてシミを防いでくれます。

二日酔いの予防に効果 - アルコールの分解を早める

システインには二日酔いの予防に効果があります。

システインは、アルコールが肝臓で分解される時に発生する、アセトアルデヒドの分解を促進して無毒化します。

そのため、体内のアルコールの分解を早めるので、二日酔いの予防や改善に効果があります。

ターンオーバーを正常化 - 肌トラブルの改善に効果

システインはターンオーバーを正常にし、きれいな肌を保つことができます。

肌の再生を促すため、肌荒れなどの肌トラブルの改善や予防に効果があります。

また、ターンオーバーが正常に行われることで、古い角質や肌が入れ替わり、よりシミやソバカスを防ぐことができます。

体内ではメチオニンから合成される

システインは、鶏肉アーモンドなどの食材から摂取することができますが、含まれる食材がそれほどありません。

システインは体内でメチオニンから合成されます。そのため、メチオニンが不足するとシステインも合成できないため、システイン不足の原因につながります。

メチオニンは、豚肉かつおさんまなどに含まれています。メチオニンを含む食材と一緒に摂取することでシステイン不足を補うことができます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク