栄養・栄養素食物繊維効果効能
食物繊維dietary-fiber

食物繊維の効果は?第6の栄養素とも呼ばれる食物繊維の働きと効果

食物繊維の効果と効能

なんとなくカラダに良いというイメージの食物繊維。

最近では食物繊維を多く含んだ健康食品もよく見かけますね。

以前は食物繊維は「食べ物のカス」として認識されていましたが、最近では第6の栄養素とも呼ばれ、様々な効果が立証されてきました。

便秘の予防、改善に! - 腸内環境を整える効果

食物繊維には腸内環境を整える効果があります。これはよく知られた効果ですね

食物繊維は腸の働きを刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にします。

腸内に発生した有害物質の排泄を促すことで、便秘の予防や改善に効果があります。

関連記事:腸内環境を整える7つの方法 - スッキリ快調を目指そう!

コレステロールの吸収を抑制- 糖尿病や脂質異常症の予防

食物繊維にはコレステロールの吸収を抑える効果もあります。

食物繊維は小腸の中でコレステロールや胆汁酸を吸着し、排泄を促す作用があります

こうした作用により、コレステロール値の低下や糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病の予防につながります。

血糖値の急激な上昇を抑える効果

食物繊維には血糖値の急激な上昇を抑える効果もあります。

食物繊維はその粘性により、デンプンの消化吸収速度を遅らせる働きがあります。

その結果、血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。

ダイエットにもおすすめ!- 満腹感が得られる

こちらは何ともあいまいな表現ですが、食物繊維には少量でも満腹感が得られる効果があります。

食物繊維は消化器官の中で膨張し、食べたもののかさを増やす働きがあります。

これにより、少量の食事でも満腹感が得られ、食べ過ぎによる肥満を防ぐ効果があります。

食事にうまく食物繊維を取り入れることで、ダイエット効果も期待できますね。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク