フェルラ酸の効果

フェルラ酸ferulic-acid

フェルラ酸の効果 - アルツハイマー病の予防が期待されている!?

フェルラ酸の効果と効能

フェルラ酸は、植物の細胞壁を構成している成分で、ポリフェノールの一種でもあります。

また、フェルラ酸は米ぬかや小麦ふすまなど、イネ科に含まれている「γ-オリザノール」の構成成分でもあります。

フェルラ酸を含む食品は、果物や野菜など植物性の食品でしたら、ほとんどのものに含まれると言われます。中でも、米ぬかや小麦、リンゴオレンジなどに含まれており、最近ではコーヒーにも含まれるとして注目されています。

今回は、フェルラ酸の効果や効能についてご紹介していきます。

アルツハイマー病の予防効果 - 記憶力の向上にも

フェルラ酸には、アルツハイマー病を予防する効果があります。

フェルラ酸は、脳内に蓄積するとアルツハイマー病の原因となる物質、「β-アミロイドペプチド」の分解を促す働きがあります。β-アミロイドペプチドは、通常、神経の成長や修復をする役割があります。

ですが、酸化ストレスによって炎症を引き起こし脳内に蓄積すると、老人班となってアルツハイマー病を発症します。

また、最近では同じく認知症の原因である、リン酸化タウタンパク質の蓄積を低下させる働きも発見されました。

フェルラ酸は、脳細胞を保護したり、傷ついた脳細胞を修復する作用もあると言われています。そのため、脳が活性化されて記憶力の向上にもつながります。

美白効果 - メラニンの生成を抑制、紫外線吸収作用

フェルラ酸には、美白効果があります。

フェルラ酸の構造はチロシンに似ているため、拮抗作用でメラニン色素の生成を抑制すると言われています。メラニン色素の沈着を防ぐため、シミやソバカスから守ってくれます。

そして、フェルラ酸の抗酸化作用が、過剰に発生した活性酸酸素の働きを抑え、肌の老化も防ぎます。

また、フェルラ酸は、紫外線を吸収する作用がとても強いという特徴もあります。そのため、美白化粧品や日焼け止めなどにも利用されています。

高血圧の予防効果 - 血糖値やコレステロール値の低下にも

フェルラ酸は、高血圧の予防にも効果があります。

フェルラ酸の抗酸化作用が、活性酸素の働きを抑え悪玉コレステロールの増加を防いで、高血圧や動脈硬化を防ぐと期待されています。

また、血小板の凝集を防ぐとともに、血液をサラサラにする働きや、コレステロール値血糖値の低下にも効果があるため、糖尿病の予防にも効果があります。

食品の退色や変色の防止 - 酸化防止剤としても利用

フェルラ酸は、食品の退色や変色、細菌の繁殖を防ぐとして、食品の酸化防止剤として利用されています。

フェルラ酸は、食品添加物リストで酸化防止剤にあげられています。その主な利用法は、バナナの黒変や抹茶の退色防止、グリーンピースの色調保持などの役割をしています。

そのほかにも、キャンディーやガム、グミ、チョコレートなどにも利用されています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク