フコイダンの効果

フコイダンfucoidan

フコイダンの効果6選 - 知られざる海藻のネバネバ成分について

フコイダンの効果と効能

フコイダンは、昆布などの褐藻類に含まれるネバネバ成分です。

グルコースと硫酸がつながった多糖類で、昆布が荒波や微生物など外からの刺激から身を守るための成分です。

昆布以外にも、わかめモズクなどの食品に豊富に含まれています。

フコイダンには様々な効果があり、現在は、免疫力や肝機能の向上、血栓や高血糖の予防などに効果もあると言われ、まだまだ研究されている成分です。

今回はフコイダンの効果や効能についてご紹介します。

がんの予防に効果 - がん細胞の自滅を促す働き

フコイダンの今もっとも注目されている効果が、がんの予防効果です。

フコイダンには、細胞の自滅作用である「アポトーシス」に誘導する働きがあります。

フコイダンは、ガン細胞に接触すると、がん細胞に自滅するように働きかけることが証明されているそうです。

細胞は常に分裂を繰り返していますが、もともと消滅する機能も備わっており、新陳代謝や成長にとても重要な機能です。

ですが、がん細胞はこのアポトーシス機能が正常に働いていないため増殖してしまうそうです。

免疫力のアップ - 免疫細胞の活性化

フコイダンには、免疫力を高める効果があります。

フコイダンは、NK細胞やマイクロファージを活性化させインフルエンザや風邪などの予防に有効です。

NK細胞やマイクロファージは免疫細胞の一種で、ウイルスやウイルスに感染した細胞と戦いカラダを守る役割がある重要な細胞です。

また、この免疫力を高める効果が、がんの予防にもつながります。

血中コレステロールの低下作用 - 生活習慣病の予防に効果

フコイダンには、血中のコレステロールを下げる効果があります。

フコイダンは、腸内で余分なコレステロールや糖分をからめ取り、便とともに体外に排出する働きがあります。

また、血圧を下げる作用もありコレステロールの低下とともに、生活習慣病の予防に効果があります。

胃の健康を維持、胃潰瘍の予防 - ピロリ菌を排除する効果

フコイダンには、胃潰瘍や慢性胃炎を予防する効果があります。

フコイダンは、胃粘膜に似た成分を持つため胃を保護し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎などを予防する効果があります。

また、フコイダンには胃粘膜の炎症部分を修復する働きもあります。

フコイダンを構成する硫酸基は胃粘膜にも存在する成分で、ピロリ菌を吸着し体外に排出する働きがあります。

便秘の改善に効果あり - 硬い便をやわらかくする

フコイダンには、便秘を改善する効果があります。

フコイダンは、腸内で水分を抱え込んで便を柔らかくする作用があるため、スムーズな排便を行うことができます。

フコイダンは、水溶性の食物繊維で整腸作用があります。で消化吸収されないため体内に吸収されませんが、その分、腸内で活躍してくれます。

また、腸内環境を整える働きは、腸の免疫細胞を活性化させることに繋がるため、これもがんの予防に有効と言われています。

アレルギーの予防に効果 - 過剰な免疫反応を正常化

フコイダンはアレルギーの予防に効果があります。

フコイダンは、過剰な反応をする免疫力を調整し、花粉症鼻炎などのアレルギーの予防や症状の緩和に有効です。

フコイダンは、腸内を通るとき腸の上皮細胞に働きかけ、免疫細胞に作用して炎症を引き起こすタンパク質の働きを抑制します。

その結果、過剰に働く免疫力を正常に整えてくれます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク