栄養・栄養素GABA > 多く含む食品
GABAgaba

GABAの効果 - ストレス社会に必要不可欠なアミノ酸

GABAの効果と効能

GABA(ギャバ)はアミノ酸の一種で、正式名称はγ(ガンマ)-アミノ酪酸と呼ばれます。

GABAは、タンパク質を作るアミノ酸とは異なり、中枢神経で働く神経伝達物質で、多くは人や脊椎動物の脳や脊髄、また植物など玄米にも含まれた幅広く存在するアミノ酸です。

そして、GABAの効果の中でも、高血圧を改善する効果が特定保健用食品として認められています。

今回は、GABAの効果やその働きについてご紹介します。

リラックス効果 - 神経の高ぶりを抑える働き

GABAには副交感神経の働きを強めて、心身をリラックスさせる効果があります。

GABAは、興奮時に分泌されるアドレナリンやドーパミンの分泌を抑制し、ストレス運動などで高まる興奮状態を抑える働きがあります。

興奮状態を抑える結果、気持ちを落ち着かせ、リラックス効果をもたらすため、感情の安定や神経を鎮めてストレスの解消を促します。

GABAはチョコレート緑茶トマトジュース、発芽玄米、じゃこなどに多く含まれています。

血圧を下げる効果 - 肝臓の働きを高める!

GABAには血圧を下げる効果があります。

GABAは、腎臓の働きを高め、ナトリウム(塩分)を排出する働きがあり、高血圧の予防や改善に効果があります。

また、GABAには高血圧に対してのみ血圧降下作用を発揮すると言われています

GABAのアドレナリンの分泌を抑える効果も、血圧の正常化に有効です。

中性脂肪の増加を抑制する効果 - 動脈硬化の予防

GABAには中性脂肪を下げる効果があります。

血液中のコレステロールや中性脂肪の増加を抑制し、脂質の代謝を促す働きがあります。

このため、動脈硬化や肥満の予防、糖尿病などの予防も期待されています。

安眠効果 - 不眠とストレスの悪循環を防ぐ

GABAは「抑制系」の神経伝達物質で、同じく神経伝達物質である「興奮系」のグルタミン酸の働きを抑える働きがあります。

GABAが、興奮状態を抑えるため、頭がさえて寝れない状態から眠りに入りやすい環境を作り、安眠や不眠症の改善に効果があります。

また、GABAは睡眠時に作られるため、睡眠不足ストレスは体内のGABA不足となり、不眠ストレスの魔のループに陥りやすくなります。

そのため、GABAをサプリメントで摂取する場合は、寝る30分前がおすすめと言われています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク