栄養・栄養素グルコサミン効果効能
グルコサミンglucosamine

グルコサミンの効果と効能をチェック!

グルコサミンの効果と効能

今回のテーマはグルコサミン。

グルコサミンは、体内で合成することができるアミノ糖の一種で、グルコース(アミノ酸)とアミノ酸が結びついた成分です。

グルコサミンは機能性成分のひとつで、組織や細胞を結びつける、結合組織に含まれていますが、加齢ともにグルコサミンを合成する働きが低下します。

今回は、グルコサミンの効果や効能、働きについてご紹介します。

グルコサミンは軟骨の原料

グルコサミンは軟骨を構成する原料になります。

グルコサミンは、軟骨を構成するムコ多糖類であるプロテオグリカンを作る成分です。

軟骨の構成には、グルコサミン、繊維状タンパク質コラーゲンヒアルロン酸、コンドロイチンなどの成分が関わります。

グルコサミンは軟骨以外にも爪や人体、皮膚、心臓の弁などにも存在します

関節痛を改善・予防する効果

グルコサミンは関節痛の予防や改善に効果があります。

グルコサミンは、軟骨の生成を促進させ、軟骨の再生・修復をする働きがあります。

軟骨は関節のクッションの役割があるため、関節痛や変形性関節症の予防や改善の効果があります。

軟骨の強度や柔軟性を高める効果

グルコサミンは軟骨の強度や柔軟性を高める効果があります。

グルコサミンは、すり減った軟骨の再生や、軟骨を構成する成分バランスを整える働きがあります。

そのため、グルコサミンには、軟骨の強度や柔軟性を高める効果があるため、関節をスムーズに動かすことができます。

炎症を抑える効果、血栓予防

グルコサミンには抗炎症作用があり、そのため痛みを緩和する効果があります。

また、近年では血中の血小板の凝集を抑える効果がると言われ、血栓の予防や血行の改善効果にも有効です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク