栄養・栄養素グルタミン効果効能
グルタミンglutamine

グルタミンの効果 - 筋肉の構成に関わるグルタミンの働き

グルタミンの効果と効能

アミノ酸の一種であるグルタミンは、体内で合成ができる非必須アミノ酸です。

グルタミンは、体内で「グルタミンシンテターゼ」という酵素の働きにより、グルタミン酸とアンモニアから合成されます。

また、グルタミンは、筋肉中の遊離アミノ酸の約60%を占め、体内に最も多く含まれるアミノ酸です。

今回は、グルタミンの効果やその働きについてご紹介します。

筋肉の成長や強化 - 筋タンパク質の分解を抑制する効果

グルタミンには筋肉の成長や強化をする働きがあります。

グルタミンは、激しい運動ストレスによっておこる、筋肉中のタンパク質の分解を抑制し、筋肉からグルタミンが放出されるのを防ぎます。

その結果、筋肉が分解されるのを予防し、さらに筋肉の成長や強化をするため、筋肉疲労を回復させる効果があります。

また、手術後に運動ができない患者さんの筋肉が失なわれないように、体力維持としてグルタミンが点滴に添加されることもあります。

腸の働きをサポートする効果 - 腸の修復を行う

グルタミンには、腸の働きをサポートする効果があります。

グルタミンは、腸管(小腸)にある絨毛の栄養源になります。

小腸の粘膜にある絨毛には、栄養を吸収する役割があり、古い絨毛が剥がれ落ちると、その下から新しい絨毛がグルタミンを栄養にして次々と作られます。

また、グルタミンには抗がん剤や細菌感染によって、委縮した腸管を再生する働きもあります。

免疫力を高める効果 - インフルエンザ、アレルギー予防

グルタミンには、免疫力を高める効果があります。

グルタミンは、免疫細胞を増やし免疫力を高めて、ウイルスや細菌などの異物から体を守る働きがあります。

そのため、風邪やインフルエンザ、アレルギー症状の改善や予防効果があります

傷の治癒効果 - 傷を治癒するタンパク質の合成に関わる

グルタミンには傷の治癒を早める効果があります。

グルタミンは、窒素の代謝に働きかけ、創傷の治癒に必要なタンパク質の前駆物質になります。

そのため、グルタミンには怪我や手術後の傷の回復を早める効果があります。

また、体内で生成される窒素のうち、グルタミンを原料にして作られる窒素量は1/3を占めます。

アルコールの代謝を促進する効果 - 二日酔いの予防・改善効果

グルタミンには二日酔いを予防したり改善したりする効果があります。

グルタミンは、アラニンとともにアルコールの代謝を促進する効果があり、二日酔いの原因とされる、アセトアルデヒドの分解を促します。

また、グルタミンとアラニンを同時に摂取すると、肝機能の向上や肝障害の改善に効果があるとされています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク