‌イノシトールinositol

イノシトールの効果 - 抗脂肪肝ビタミンと呼ばれる成分の働きとは?

‌イノシトールの効果と効能

イノシトールは「抗脂肪肝ビタミン」と呼ばれるほど、脂質に大きく関わる成分です。

神経細胞や筋肉組織に多く存在し、細胞膜を構成するリン脂質の成分として重要な物質です。

イノシトールは、体内でブドウ糖から合成することができ、食物ではオレンジなどの果物類、小麦や玄米などの穀物類に多く含まれています。

今回は、イノシトールの効果や働きについてまとめています。

脂肪の代謝をスムーズに!- 脂肪肝の予防効果

イノシトールには、脂肪肝の予防に効果があります。

イノシトールは、体内の脂肪の代謝を促進して、肝臓に余分な脂肪が蓄積するのを防ぎ、さらには蓄積した脂肪も取り除く働きがあります。

そのため、イノシトールには脂肪肝や肝硬変の予防に効果があります。

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が蓄積した状態で、肥満体質の人だけでなく痩せ型の人でもなるので注意が必要です。

動脈硬化の予防に効果 - コレステロールの代謝を促進

イノシトールには動脈硬化を予防する効果があります。

イノシトールには、脂肪のみならずコレステロールの代謝もよくするため、血管にコレステロールが溜まるのを防ぐ働きがあります。

そのため、動脈硬化の予防効果が、生活習慣病を防ぐことにもつながります。

髪や頭皮の健康を保つ効果 - 発毛・育毛に効果

イノシトールの神経細胞を正常に保つ効果が、頭皮の健康を保ち、育毛・発毛効果、頭皮の湿疹トラブル・抜け毛の予防にも有効とされています。

イノシトールは神経組織の細胞膜に多く含まれており、神経細胞を正常に働かせる作用があります。

神経細胞は、カラダのさまざまな器官に刺激を届ける役割があり、頭皮にも健康を促す情報を伝えています。

パニック障害の治療に有効 - 脳機能の改善効果

イノシトールには、脳機能の改善の報告がされています。

近年、イノシトールにはセロトニン代謝異常が原因である、パニック障害や強迫性障害に有効と注目されています。

発作頻度や程度を改善する役割が期待されています。

イノシトールは甘味料としても利用されている

イノシトールは、糖アルコールの一種とされ、食物では穀物や果物・豆類などに多く含まれています。

イノシトールは、白色の結晶粉末やカプセルで販売され、無臭ですっきりとした後味のない甘みを持っているのが特徴です。

そのため、砂糖に代わりスクロースとおなじく甘味料として、また、栄養強化剤としても利用されています。

イノシトールは、植物の中ではフィチン酸(イノシトール6リン酸)、肉類(動物)では、イノシトールリン酸としても存在しています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク