イヌリンinulin

イヌリンの効果 - 糖質であり食物繊維でもあるイヌリンの働き

イヌリンの効果と効能

イヌリンは、菊芋ごぼうに含まれる多糖類です。

イヌリンは、糖質に分類される栄養素ですが、食物繊維の一種でもあります。ヒトはイヌリンを消化吸収する酵素がないため、そのまま体外に排出されます。

また、イヌリンを豊富に含む菊芋は「天然のインスリン」と呼ばれ、それほど、イヌリンは血糖値と深いかかわりがあります。

今回は、イヌリンの効果や効能、その働きについてご紹介します。

血糖値の上昇を抑える働き - 糖尿病の予防に効果

イヌリンは、糖尿病の予防に効果があります。

イヌリンは、腸内で糖質(炭水化物)とくっついて、糖質の吸収を抑える作用があります。

そのため、血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌を穏やかにして、高血糖や糖尿病を予防する効果があります。

整腸作用 - 便秘改善にも効果あり

イヌリンは、腸内で水分を吸収するとゲル状になる水溶性の食物繊維です。

そのため、腸の蠕動運動を促し、便を排出しやすくさせます。

また、イヌリンは、腸内で分解するとフラクトオリゴ糖となって、善玉菌のエサとなるため、便秘の改善効果、腸内環境を整える作用があります。

ダイエット効果 - 満腹感を得られる

イヌリンは、腸内で水分を吸いゲル状になり、他の食べ物も吸着して膨れるため、満腹感を得る事ができます。

そして、食べ物を送る速度も穏やかにしてくれます。

イヌリンには、腹持ちを良くして過食や間食を抑え、さらに便通を良くする働きがダイエットにつながります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク