ラブレ菌の効果

ラブレ菌labelle-bacteria

ラブレ菌の効果とは?日本人の腸と相性が良い乳酸菌の働き

ラブレ菌の効果と効能

植物性乳酸菌の一種であるラブレ菌。

ラブレ菌は京都の伝統漬物「すぐき漬け」から発見された乳酸菌です。

古くから、や野菜などの食物繊維を多く摂取し、味噌や糠漬けなどの発酵食品を食してきた日本人は、植物由来の乳酸菌と相性が良いと言われます。

「生きて腸まで届く」と言われるラブレ菌は、酸や塩分濃度が高い過酷な環境でも生き抜く強さがあり、免疫力の向上が注目されています。

また、更年期障害からくる冷え性肩こり腰痛などを改善する効果があるとの報告もあるそうです。

今回は、ラブレ菌の効果や効能、働きについてまとめています。

なぜラブレ菌が注目されるの?

ラブレ菌は「生きたまま腸まで届く乳酸菌」と言われるほど、腸内での生存率が高い乳酸菌です。

乳酸菌は消化液や高濃度の塩分などで死んでしまいますが、植物性のほうが動物性に比べ、腸内で育成できる力が強いと言われています。

ラブレ菌はその植物性乳酸菌の中でも、腸内での生存率が高い乳酸菌です。酸や塩分に強く、胃酸などの消化液にも負けず腸まで届き「腸内で生き抜く生命力が強い」のが特徴です。

ただ、死菌してしまった乳酸菌は全く無意味な存在ではなく、死滅した後も効果があり体内で働いてくれます。

もっとも注目される効果は免疫力のアップ!

ラブレ菌には免疫力をアップする効果があり、インフルエンザの予防に有効と注目されています。

ラブレ菌は、インターフェロンの生成を促し、体内でウィルスの増殖を防ぐ免疫細胞「NK細胞」を活性化して免疫力を高める効果があります。

生きて腸まで届くラブレ菌は、腸内の免疫器官に作用してインターフェロンの生成を促す働きがあります。

また、ラブレ菌を摂取することで、インフルエンザの発症が減ることが確認されています。

腸内環境を整える効果 - 便秘や下痢の改善に有効

ラブレ菌には高い整腸作用があり、腸内環境を整える効果があります。

ラブレ菌は、腸内で乳酸をつくりだし腸を刺激して蠕動運動を促進します。この働きが便秘や慢性便秘の改善・予防に効果があります。

また、善玉菌を増やす働きがあり、アルカリ性に偏った腸内を酸性にして腸内環境を整えてくれます。

さらにラブレ菌の腸内環境を整える働きは、免疫力の向上にもつながります。

女性にうれしい美肌効果 - 肌荒れの予防や改善にも

ラブレ菌には美肌効果もあり、女性の悩みの一つでもある肌荒れの予防や改善に効果があります。

この効果もラブレ菌の整腸作用によるもので、肌の調子と腸内環境は深い関係があります。

便が溜まり腸内環境が悪いと毒素をつくりだす悪玉菌が増殖します。腸壁で吸収された毒素は体内をめぐり肌まで運ばれるため、肌荒れやニキビの要因となります。

コレステロール値を低下させる効果 - 動脈硬化の予防

ラブレ菌にはコレステロール値を低下させる効果があります。

ラブレ菌のコレステロール値を低下させる働きは、動脈硬化の予防に効果があります。そして、中性脂肪を減らす働きも兼ねています。

ラブレ菌は、コレステロールを取り込んで便と共に体外に排出し、血中への吸収を抑制する働きがあります。

動脈硬化を防ぐことは、血管の弾力と柔軟性を保つため、心筋梗塞や脳梗塞のなどの生活習慣病の予防にもつながります。

アレルギー症状の緩和にも効果 - 免疫機能のバランスを整える

ラブレ菌には、アレルギーの緩和にも効果があります。

ラブレ菌は、免疫機能のバランスを整える作用が、アレルギーの緩和に効果があると考えられ、アレルギー体質の改善が期待されます。

アレルギーも腸内環境や免疫力に大きく関わります。免疫機能のバランスが崩れることで、特定の食品や物質に過剰反応してアレルギー症状がでます。

実際にアレルギーの方の腸内では、悪玉菌が多く善玉菌が極端に少ないケースが多いそうです。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク