栄養・栄養素乳酸菌効果効能
乳酸菌lactic-acid-bacterium

乳酸菌の効果とは?意外と知られていない乳酸菌の効果と効能

乳酸菌の効果と効能

お腹やからだの健康に良いと言われている乳酸菌。

乳酸菌は種類が多くそれぞれ効果に違いがあります。各メーカーが独自開発をしているのもあり、今や数多くのヨーグルトやサプリメントが出回ています。

今回は、そんな乳酸菌の代表的な効果や働きについてご紹介します。乳酸菌はお腹の健康を保つだけではないんですよ。

そもそも乳酸菌とは何か?

乳酸菌とは、糖類を発酵させて、乳酸を作りだす微生物(細菌)の総称です。

乳酸菌の種類はとても多く、200種類以上もあると言われヨーグルトキムチなどの発酵食品、人や動物の腸内にも存在します。

乳酸菌を細かく分類すると「属・種・株」と数えきれないほどの数になるので、大きく3つに分類すると分かりやすいと思います。

生きたまま腸に届くで有名な、味噌や漬物キムチに含まれる「植物性乳酸菌」。牛乳チーズ、ヨーグルトなどに含まれる「動物性乳酸菌」。人や動物の腸内にも存在する「腸内系乳酸菌」があります。

腸内環境を整える効果 - 全ての乳酸菌に共通する効果

200種類以上もある乳酸菌ですが、全ての乳酸菌に共通する効果・効能があります

それは腸内環境を整える効果です。腸内には、善玉菌や体に悪影響を及ぼす悪玉菌、体調によって善玉菌や悪玉菌の働きをする日和見菌が存在します。

乳酸菌が作り出す乳酸が悪玉菌を減らし、腸内を酸性に保つため腸内環境が整います。

加齢によっても悪玉菌は増えるため、乳酸菌が腸内環境の悪化を抑制し、さまざまな悪影響を及ぼす、腸の老化を防ぎます。

また、腸内細菌はバランスが大切で、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の割合は2:1:7がベストです。善玉菌が多くても良いわけではありません。

便秘改善の効果

乳酸菌が腸内細菌のバランスを整えるため、便秘の改善に効果があります。

乳酸菌によって善玉菌が増えると、の働きが活発になり、 消化吸収の促進や腸の蠕動運動が盛んになるため便通が良くなります。

コレステロール値を下げる効果

乳酸菌にはコレステロールを低下させる効果があります。

乳酸菌は、コレステロールや胆汁酸と結びついて排泄させるため、血中のコレステロール値を低下させる効果があります。

コレステロール値の低下は、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの予防につながります。

肝機能の向上効果

乳酸菌には肝機能の向上効果があります。

肝臓には、腸内の悪玉菌が作り出した有害物質を無毒化する働きがあります。

乳酸菌によって、腸内の善玉菌が増えることで有害物質が減るため、肝臓の負担が軽くなり、肝臓の機能が高まります。

肌荒れ予防、美肌効果

乳酸菌には肌荒れを予防する効果があります。

乳酸菌が、腸内環境を整え便秘を改善するため、悪玉菌が作りだす有害物質を腸壁が吸収するのを防ぎます。

有害物質の吸収を抑えると、汗や皮脂とともに有害物質を排泄する肌細胞の機能が衰えず、ニキビ肌荒れなどを防ぎ、美肌に効果があります。

免疫力を高める効果、がん予防 - ラブレ菌

乳酸菌の一種であるラブレ菌には、免疫力を高める効果があります。

腸管には免疫細胞の約60%が存在し、と免疫力は大きく関わります。

ラブレ菌は、インターフェロンの生成を促進し、免疫細胞を活性化させるため、免疫力を高める効果があります。

また、腸内の悪玉菌を減らし、有害物質を腸から吸収して全身にめぐるの防ぐため、癌や病気などの予防に効果があります。

花粉症の抑制効果 - ビフィズス菌

乳酸菌の一種であるビフィズス菌大腸にも存在する善玉菌で、特に花粉症などのアレルギーを抑制する効果があります。

ビフィズス菌が腸内の善玉菌を増やし、免疫機能のバランスを正常に保つため、アレルギー要因の物質に、過剰に反応するのを防ぐ効果があります。

まとめ

以上が乳酸菌の効果や効能、働きの紹介でした。

乳酸菌には、ラブレ菌、ビフィズス菌、ガゼリ菌、ブルガリア菌、シロタ株乳酸菌(ヤクルト菌)、ラクティス乳酸菌、プラズマ乳酸菌、コッカス菌、L21乳酸菌、LB81乳酸菌など数多くあります。

今では、ヨーグルトなど、乳酸菌が含まれている食品は、自分の体調や健康の目的に合わせて選ぶことができます。

全ての乳酸菌に共通しているのは整腸効果があり、それぞれの乳酸菌には独自の効果や効能があるという点だけは覚えておいてください。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク