栄養・栄養素レシチン効果効能
レシチンlecithin

レシチンの効果 - 細胞膜を構成する脂質の一種レシチンの働き

レシチンの効果と効能

レシチンは、リン脂質の一種で別名ホスファチジルコンとも呼ばれています。

レシチンは、人体を構成する細胞の細胞膜の主成分で、体内に存在するリン脂質の中で最も多く含まれています。

また、レシチンは「脳の栄養素」とも呼ばれ、脳神経系や血液、骨髄心臓、肺、肝臓腎臓、胃腸などの細胞組織に多く含まれています。

今回は、そんなレシチンの効果や効能、その働きについてご紹介します。

記憶力を高める効果 - 神経伝達物質の材料となる

レシチンには記憶力を高める効果があります。

レシチンの構成要素であるコリンは、脳内の神経伝達物質アセチルコリンを作る材料になります。

そのため、レシチンには脳の機能を向上させ、記憶力や学習能力を高める効果、自律神経を整える働きもあります。

認知症、アルツハイマー病の予防 - 脳細胞の破壊を最小限に抑える

レシチンには、認知症やアルツハイマー病の予防効果があります。

「脳の栄養素」とも呼ばれているレシチンは、脳内に約30%も存在し脳細胞の活動を支えています。

レシチンを摂取することで、アセチルコリンの生成が促進され、脳細胞の破壊を最小限に抑えるため、認知症やアルツハイマー病の予防や改善に効果があります

レシチンが作る「絶縁質ミエリン鞘」が脳の神経線維を覆っていますが、ミエリン鞘が傷つくと神経線維がダメージを受け、アルツハイマー病の原因となります

動脈硬化を予防する効果 - 血中のコレステロールを排出

レシチンは、血中のコレステロールを排出し、血管壁への沈着を防ぐため、動脈硬化を予防する効果があります。

レシチンの特徴である乳化作用が、血中のコレステロールを溶かし、細胞内や血液中でのコレステロール値を調整する効果があります。

また、レシチンには、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きもあります。

肝機能を高める効果 - 肝臓内への脂肪の蓄積を防ぐ

レシチンには、肝機能を高める効果があります。

レシチンの構成要素であるコリンには、肝臓内での脂質の代謝を促進し、また、レシチン自体にも肝機能を保護する働きがあります。

その結果、肝臓内への脂肪の蓄積を防ぎ、脂肪肝や肝硬変の予防や改善に有効です

美肌に効果 - 肌荒れやニキビ予防

これもレシチンによる乳化作用の効果。美肌に効果があります。

レシチンの乳化作用が、コレステロールを分解排泄するため、血流を良くする働きがあります。

そのため、酸素や栄養が体の隅々まで行き渡り、肌荒れニキビを防ぎ、きれいな肌を保つ効果があります。

レシチンの効果は大きく分けて2つ

レシチンは、卵黄レシチンと大豆レシチンの2つに大別されています。

卵黄レシチンは、神経系効果をもたらすホスファチジルコンが多く含まれ、脳の機能改善、記憶力向上、自律神経、神経疾患予防への効果が向いています。

大豆レシチンは、血管系効果があり血液中で働くため、血流、動脈硬化、高脂血症、脳卒中、心臓病など血液や血管への効果に有効です。

とは言え、いずれも同じレシチンですから、効果や働きには大きな違いはなく、目的によって使い分けされています。

レシチンの乳化作用は意外なところでも活躍!

レシチンの特徴である乳化作用には、混じり合うことのない水と油を混ぜ合わせる働きがあります。

このレシチンの乳化作用を活かし、食品添加物「乳化剤」としてマーガリン、ケーキ、アイスクリームなどの脂肪分が多く含まれる食品に使用されています。

その他、無添加化粧品の乳液やクリーム、さらには医療用品の加工品の原料としても使用されています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク