ロイシンleucine

筋肉の成長には必要不可欠!? ロイシンの効果と働きについて

ロイシンの効果と効能

アミノ酸の一種であるロイシン。

ロイシンは、必須アミノ酸の一つです。そして、バリン、イソロイシンと共に、BCAAと呼ばれる分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸の一つでもあります。

また、体内では合成できない栄養素のため、食品から摂取する必要があります。ロイシンは、1日の必要量が必須アミノ酸の中では最大といわれますが、動物性タンパク質に多く含まれるため、不足することはないと言われます。

主に、牛肉レバーチーズのお肉や乳製品類、アジの魚類などに含まれています。

今回は、ロイシンの効果や働きについてご紹介します。

筋肉を強化する効果 - 筋肉の維持にも有効

ロイシンには、筋肉を強化する効果があります。

ロイシンを含むBCAAは、筋肉繊維を構成するタンパク質の主成分です。

BCAAの中でもとくにロイシンは、タンパク質の分解抑制や合成を促進し、筋肉の成長や維持、傷ついた筋肉を修復する効果があります。

運動時の持久力をアップ - インスリンの分泌を促進

ロイシンには、運動時の持久力を高める効果があります。

ロイシンは、膵臓でインスリンの分泌を促します。

インスリンは、ブドウ糖をエネルギーに変え、筋肉細胞に取り込むのを助けるので、運動時の持久力や瞬発力を高める効果があります。

肝機能の向上 - 糖尿病のリスクの軽減にも有効

ロイシンには、肝機能を向上させる効果があります。

ロイシンが不足すると肝臓の機能が低下し、エネルギー源であるグリコーゲンの合成が少なくなります。

グリコーゲンは、膵臓から分泌されるインスリンの働きによって、ブドウ糖から合成されいます。

その結果、ロイシンが不足するとインスリンの分泌が低下し、血糖値が上昇するため糖尿病のリスクが高くなると言われます。

ロイシンの効果は、バリン、イソロイシンの3種類が揃って発揮

ロイシンは、BCAAのひとつに数えられる分岐鎖アミノ酸です。

ロイシンは、バリン、イソロイシンと共にバランスよく摂取することで効果が発揮されるため、サプリメントでもこの3種類のアミノ酸がバランス良く配合されています。

筋肉の強化のためと、ロイシンばかりの偏った摂取は、アミノ酸のバランスを崩すため、免疫力の低下や体重の減少の要因となります。

ロイシンが多く含まれた動物性食品だけでなく、野菜や果物などバランスよく摂取することが大切です。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク