栄養・栄養素ルテイン効果効能
ルテインlutein

ルテインの効果 - 黄色の天然色素成分ルテインの働き

ルテインの効果と効能

ルテインはカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類される黄色の天然色素成分になります。

ルテインは、マリーゴールドの黄色い花弁や、人参かぼちゃなどの緑黄色野菜、植物の緑葉に多く含まれています。

ルテインは、主に目の中の黄斑部や水晶体、皮膚、乳房、大腸に存在する栄養素ですが、体内で合成できないため加齢とともに失われます。

また、ゼアキサンチンと共に紫外線老化から目を守る効果が期待されています

今回は、ルティンの効果や効能、また働きについてご紹介します。

加齢黄斑変性症の予防効果 - 有害な光から目を守る

ルテインは加齢黄斑変性症の予防や改善に効果があります。

ルテインには、強い抗酸化作用があり、紫外線を含む日光、蛍光灯、パソコンやスマホが発するブルーライトなどの光が原因で発生する、網膜上の活性酸素を除去する働きがあります。

その結果、ルテインが、目を有害な光や活性酸素から守り、黄斑部のダメージを抑制するため、加齢黄斑変性症の予防や改善に効果があります。

また、ルテインには、黄斑変性症の初期症状である飛蚊症にも効果的です。

白内障を予防・改善効果 - 水晶体の濁りを抑制する

これもまた、ルテインの抗酸化作用による効果。白内障の予防に有効です。

ルテインは、活性酸素によって水晶体のタンパク質が変性して白く濁るのを予防します。

また、ルテインには、光を吸収する働きがあるため白内障や緑内障を予防する効果があります。

免疫力を維持、炎症を抑制する効果 - ぶどう膜炎の予防

ルテインは、活性酸素によるダメージから細胞を守るため、免疫力の維持に効果的と言われています。

また、抗炎症作用もあるため、ぶどう膜炎の炎症抑制や眼病予防にも効果があります。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク