栄養・栄養素マンガン効果効能
マンガンmanganese

マンガンの効果について - 酵素を生み出すマンガンの働きとは?

マンガンの効果と効能

マンガン。あまり知られていない栄養素ですが、ミネラルに分類される栄養素の一種です。

マンガンは土壌に根をはる植物性食品に多く含まれ、成人の体内に10~12mgほど含まれています。

今回はそんなマンガンについて、その効果と効能をご紹介します。

酵素の成分になる - タンパク質や炭水化物の代謝促進など

マンガンの主な働きは、酵素の構成成分となる点です。

マンガンは主に、タンパク質炭水化物脂質などの代謝に関わる酵素、抗酸化作用に関わる酵素の構成成分となります。

これら酵素の構成成分となることによって、代謝の促進や抗酸化作用などの効果を得ることができます。

骨の健康を維持する効果 - 骨粗しょう症予防にも!

マンガンには、骨の健康を維持する効果があります。

マンガンは、カルシウムやリン、とともに、骨の形成に関わるミネラルの一種です。

マンガンには骨の石灰化を促す働きがあり、骨粗鬆症の予防にも効果的です。

愛情にも影響アリ!? 神経の伝達をスムーズにする働き

マンガンには神経の伝達をスムーズにする働きもあります。

マンガンは神経伝達のコントロールに寄与し、神経の機能を正常に保つ効果があります。

また、マンガンは愛情をつかさどる中枢神経とも関係があり、マンガンが不足した親ウサギは子ウサギを育てようとしないという実験結果も報告されています。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク