栄養・栄養素ミネラル効果効能
ミネラルmineral

ミネラルの効果は?体内で合成されない栄養素の役割

ミネラルの効果と効能

ミネラルについてあなたはどんなイメージを持っていますか?

「なんとなく健康に良さそう」、「たぶん不足してるのかも…」、「麦茶ですか?」などなど。ミネラルについて、あいまいなイメージしか持ってない方が多いのではないでしょうか?

今回はそんなあなたに、ミネラルの持つ役割とその効果をしっかりとお伝えしていきたいと思います。

そもそもミネラルとは?

そもそもミネラルとはなんでしょうか?

ミネラルは五大栄養素(炭水化物脂質タンパク質、ビタミン、ミネラル)の一つです。

ミネラルは体内で合成することができず、食品から摂る必要があります。主にカラダの構成成分になったり、カラダの機能を調整する働きがあります。

さらに、ミネラルは多量ミネラル(ナトリウムカリウムカルシウムマグネシウム、リン)と微量ミネラル(鉄分亜鉛マンガンヨウ素セレンクロムモリブデン)に分類することができます。

カラダの構成成分になる~骨や歯の主成分に

ミネラルの大きな効果の一つです。

主にミネラルの中のカルシウムマグネシウム、リンが骨や歯の主成分となります。

カラダの機能を調整する~体内の水分量や体液の浸透圧の調整

こちらもミネラルの大きな効果の一つ。

主にミネラルの中のナトリウムカリウム、塩素の働きです。ナトリウムとカリウムはお互いにバランスをとって体内の水分量や浸透圧の調整を行います。

また、塩素は体液の浸透圧を調整し、体液のpHの調整なども行います。

全身に酸素を取り込み、二酸化炭素を回収

ミネラルの中の鉄分の働きです。

鉄分は肺から酸素を取り込んで全身に酸素を供給します。さらに、細胞から二酸化炭素を回収し、肺へ運搬する機能を持ちます。

新陳代謝を促進する効果~酵素の構成成分

ミネラルにはマンガンなど酵素の構成成分となったり、亜鉛モリブデンなど酵素の働きを促す補酵素となる働きがあります。

酵素は食物の消化分解、皮膚の新陳代謝、血液の循環、有害物質の除去、免疫力の向上、脂肪分解、老化防止など私たちが生きる上で欠かせない働きが数多くあります。

甲状腺ホルモンの主成分に~ヨウ素の効果

こちらはミネラルの中のヨウ素の働きです。

ヨウ素は主に甲状腺ホルモンの主成分となり、交感神経を刺激して各種の代謝を促す効果があります。

アンチエイジング効果!セレンの抗酸化作用

ミネラルの中のセレンにはアンチエイジング効果もあります。

セレンには活性酸素を分解する抗酸化作用があると考えられています。老化の原因は酸化(サビ)ですので、セレンにはこの酸化を防ぐ働きがあります。

糖尿病の予防効果 - クロム

ミネラルの中のクロムには糖尿病を予防する効果もあります。

そもそも糖尿病は膵臓で作られるホルモン、インスリンの働きが悪化(2型糖尿病)することで発症します。

クロムにはインスリンの利用効率を高める働きがあり、糖尿病の予防に効果的です。

過剰摂取、欠乏症に注意!

以上がミネラルの主な働きと効果です。これ以外にもミネラルには様々な成分や働き、効果があり、とてもすべてを語ることはできません。

それほど私たち人間にとって欠かせないものなのです。

さて、ここで注意すべき点があります。

繰り返しますが、ミネラルは体内で合成することができず、食品から摂る必要があります。したがって、過剰摂取や欠乏症になりやすい栄養素なのです。

日本人の場合、カルシウムや亜鉛は不足しやすい傾向に、ナトリウムやリンは過剰摂取する傾向にあります。

普段からカルシウムや亜鉛を意識的に摂るように心がけ、サプリメントを服用している方は過剰摂取に注意しましょう。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク