ムチンmucin

ネバネバ成分は健康維持に必須!? ムチンの働きと効果とは?

ムチンの効果と効能

山芋オクラなどに含まれるネバネバ成分のムチン。

ムチンは、糖(ガラクタン・マンナン)とタンパク質が結合した成分で、ムコ多糖類(食物繊維)の一種です。

山芋だけでなく、納豆なめこなどにも含まれるネバネバ、ぬるぬるする食品に多く含まれています。また、ヒトの体内に存在し、胃や口、鼻や目などの粘液や唾液などにも含まれています。

今回は、ネバネバ成分であるムチンの効果や働きについてご紹介します。

ドライアイの予防 - 涙(水分)が蒸発するのを防ぐ効果

ムチンには、ドライアイの予防に効果があります。

ムチンは、涙にも含まれる成分で優れた保水力があるため、涙の乾きをを防ぐ働きがあります。

涙は、「油層・水層・ムチン層」の3層で構成され、油層とムチン層が水層をはさみ水分が蒸発をするのを防いで、涙を繋ぎとめる働きがあります。

また、ムチンの効果を活かして、ドライアイ治療の目薬にも配合されています。

胃腸の働きを高める効果 - 胃潰瘍の予防

ムチンには、胃炎や胃腸炎、胃潰瘍を予防する効果があります。

ムチンは胃腸の粘液に含まれる成分です。

暴飲暴食による刺激でやストレスの粘液の分泌を低下させるため、胃酸によって胃の粘膜が弱くなり、胃炎や胃潰瘍にかかりやすくなります。

ムチンが胃の粘膜を保護して胃腸の働きを高めてくれます。

インフルエンザや風邪を予防する効果 - ウイルスからカラダを守る働き

ムチンには、インフルエンザや風邪を予防する効果があり、また免疫力の向上にも関わる成分です。

ムチンは、口や鼻などの粘膜にも含まれています。ムチンがこれら粘膜の働きを高めウイルスの侵入を防いでくれます。

ムチンは、免疫力を高めウイスルからカラダを守り、インフルエンザなどの病気にかかりにくくする効果がります。

血糖値の上昇を緩やかに - 生活習慣病の予防に効果

ムチンは、生活習慣病老化予防に効果があります。

ムチンは食物繊維の一種で、食べ物をの中で包み込み糖質の吸収を穏やかにする作用があります。そのため、血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。

そのため、生活習慣病の予防、また、腸内環境を整え便秘を解消するほか、免疫力の向上にもつながります。

疲労回復に効果的 - タンパク質の吸収を促進

ムチンには、疲労回復に効果があります。

ムチンは、タンパク質を分解する酵素を含むため、タンパク質の吸収を促す作用があります。

タンパク質は、肌や筋肉などの組織になるだけでなく、エネルギーとなるため疲労回復に効果があります。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク