ナットウキナーゼnattokinaze

ナットウキナーゼの効果 - 納豆のネバネバ成分の効果や働きとは?

ナットウキナーゼの効果と効能

納豆のネバネバ成分「ナットウキナーゼ」。

ナットウキナーゼは、納豆菌によって作られる酵素の一つでタンパク質分解酵素です。納豆を製造する過程で作られるため、納豆にしか含まれない成分です。

納豆には、さまざまな健康効果がありますが、その効果の一つにナットウキナーゼが活躍しています。

今回は、ナットウキナーゼの効果や働きについてまとめています。

血栓の予防に効果あり!- 血液をサラサラして動脈硬化を防ぐ

ナットウキナーゼの持つ最大の効果は、血栓の予防です。

ナットウキナーゼは、血栓の原因であるフィブリンの働きを抑える働きがあります。

そのため、ナットウキナーゼには、血液をサラサラにして動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞など生活習慣病の予防が期待されています。

血栓を溶かす酵素を活性化 - エコノミー症候群の予防にも

ナットウキナーゼには、血栓を溶かす働きがある酵素を、活性化させる作用があります。

ナットウキナーゼは、同じくタンパク質分解酵素である「ウロキナーゼ」や「プラスミン」の活性や生成を促します。

「ウロキナーゼ」や「プラスミン」にも、血栓を溶かす働きがあるため、より血栓の予防に効果的です。

また、血栓を防ぐ効果は、エコノミー症候群の予防にも有効としています。

血圧降下・コレステロール値の低下作用 - 高血圧、脂質異常症の予防

ナットウキナーゼは、血液をサラサラにする血流の改善に効果があります。

この、血液の流れを良くする作用が、高血圧の予防に効果的となります。

また、ナットウキナーゼには、血中のコレステロール値を下げる効果もあり、脂質異常症の予防にも有効です。

ナットウキナーゼは、夜に摂取するのが効果的

血栓がもっともできやすい時間帯は、深夜から早朝と言われます。

そのため、夕食にナットウキナーゼを摂取するのが効果的です。また、ナットウキナーゼは、熱や酸に弱い特質があります。

ナットウキナーゼの効果を活かすためには、納豆を加熱したりお酢を加えるのは控えるのが効果的です。

関連コンテンツ

このページを
シェア/ブックマーク