栄養・栄養素ナイアシン効果効能
ナイアシンniacin

ナイアシンの効果 - 補酵素の知られざるパワー

ナイアシンの効果と効能

ナイアシン…う~ん、あんまり聞いたことのない栄養素ですね。

ナイアシンはビタミンB群の一種で、発見当初はビタミンB3とも呼ばれていました。

今回はそんなナイアシンについて、カラダにもたらす効果と効能を探っていきます。

補酵素として3大栄養素の代謝を促す効果

ナイアシンの最大の効果は、補酵素として3大栄養素の代謝を促す点です。

ちょっと難しいですね。簡単に説明します。

まず、酵素とはあらゆる生命活動に関与する重要な分子です。補酵素はこれら酵素の働きを助けるサポート役のようなものです。

ナイアシンは補酵素として酵素と協力し合い、3大栄養素の代謝を促す効果があります。

二日酔い対策に! アセトアルデヒドを分解する効果

ナイアシンにはアルコールの代謝を促進し、アセトアルデヒドを分解する効果があります。

アセトアルデヒドとは、血液中のアルコールが肝臓のアルコール脱水酵素によって分解された成分で、二日酔いの元凶となります。

飲酒前にナイアシンを摂取することで、二日酔いや悪酔いを予防する効果があります

皮膚や粘膜の健康を保つ効果

ナイアシンには皮膚や粘膜の健康を保つ効果もあります。

ナイアシンは補酵素として機能した際に、皮膚や粘膜など細胞の生まれ変わりを助ける効果もあります。

そのため、ナイアシンが不足すると皮膚の発疹や皮膚炎などの症状が現れます。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク